いい雰囲気で女性と会話をするには?トークの雰囲気作りのコツ

恋愛会話法・トーク術

会話が苦手でも大丈夫!トークの雰囲気作りのコツは話すことではありません

20150819-01

女性の気持ちを盛り上げることに徹すれば、会話は必ずいい雰囲気になる

女性との会話になるとムードが悪くなってしまい、会話が進まなくなる…
会話に苦手意識があり、積極的になれない…

今回は、そんな風に悩んでる男性の方へ、トークの雰囲気作りのコツについて説明していきます。

もしかしたら、あなたはトークが上達すれば、女性といい雰囲気で話せると思っていませんか?
トークの上達というと、多くの男性が…

・自分がスムーズに話せるようになる
・自分が面白く話せるようになる
・自分が多くのネタを話せるようになる

というようなことを考えがちです。

しかしながら、これは「トークの雰囲気作り」にそこまで大きな影響をもたらしません。
どちらかというと、いい雰囲気のときに、雰囲気が掛け算になるようなテクニックです。
なので、雰囲気がゼロのときは、どんなに掛けてもゼロです。

いい雰囲気で女性と会話をするには…

・女性の気持ちを盛り上げる

この1点のみができるようになれば、大丈夫です。
女性の気持ちが盛り上がっている状態とは、女性が自ら進んであなたに話をどんどん話していく状態です。

そうなれば、あなたは上手に聞くだけで大丈夫です。
上手にですよ。聞き方にもコツはもちろんあります。

では、女性の気持ちが盛り上がるときはどのようなときか?

本音を語りなくなり、語った本音で新しい自分に気付いた女性の心はめちゃくちゃ気持ちよくなっている

女性の気持ちが盛り上がる。「盛り上がる」という変化が心に起きるわけですから、インパクトのある内容をやり取りすることが大事になってくるのは想像がつくかと思います。

今日の天気が良かったり、今日はどうやってここまで来たとか、仕事は何をやっているとか、そんな会話だけじゃ女性の心が「盛り上がらない」のは明白ですよね。

女性を盛り上げるのは、女性に何かをこちらから探り(質問)を入れて、その答えに上手く対処したときです。

あなたが上手く対処すれば、女性は…

・自己開示
・自己拡大

この2つをどんどん促していきます。自己開示とは自分の本音をあなたに示すということです。自己拡大とは女性が今までに知らなかった自分について知るということです。そうなれば、女性はどんどん笑顔であなたに話していき、雰囲気はかなり話しやすいムードになっているでしょう。

さて、最終的に会話になったときに何をするのか、より具体的にしていきましょう。
男性のあなたが女性と良い雰囲気で会話をするには…

1、外見の準備をする
2、ゆったりと受け入れる
3、笑顔を作る
4、同調する
5、コメントを添えて、質問で掘り下げる

という5つを行っていきましょう。細かいノウハウを言えば、5個では足りませんが、この5個を意識するだけ充分にいい雰囲気で会話ができますし、今よりもモテるようにもなります。

では、1個ずつ説明していきます。

1、外見の準備をする

清潔感とヘアスタイルとファッションは内面の評価を変える

超モテ男術のいろんな記事で、口を酸っぱくして言っている清潔感とヘアスタイルとファッション。

会話のノウハウといっても、やはり外見は切り離せません。

例えば、髪がボサボサで、肌がベトベトで、服がボロボロな男性がいたとしましょう。
一方で、髪がサラサラで、肌がツルツルで、服がピカピカな男性がいたとしましょう。

どちらの男性にしても、女性は毎秒毎秒、あなたの見た目を取り入れながら、会話しています。
キレイな状態の見た目を毎秒女性に刷り込ませるのか、それとも汚い状態を刷り込ませるのか、1時間の会話になれば、毎秒の差が積み重なって、雰囲気に大きな差を生んでしまいます。

あなたが、外見の努力をすることが何より大切です。
努力をした自分に陶酔できるため、あなたも余裕を持って臨むことができます。

2、ゆったりと受け入れる

ほとんどの男は焦って会話がせかせかしている

女性の話をゆったりと受け入れましょう。
いいリアクション、いいコメントをしようと思って、素早く反応するのはやめましょう。

リズムよく、テンポよく進むことが望ましいですが、リズムとテンポを気にすると、スピードを上げてしまう傾向にあります。
言葉を大事にして、ゆっくりと受け入れていきましょう。

すると、大切に話を聞いている感じが女性に伝わります。しかも、男性として余裕のある印象も伝わります。
結果的に包容力を感じ、あなたとの会話を女性は居心地が良く感じ、ムードがよくなるんです。

たとえ、あなたが女性の話に興味がなかったとしても、「ゆったりと受け入れる」を意識するだけで、普段の興味を示した状態よりも、女性に聞いている感じが伝わります。

自信がないと間を埋めがちになってしまい、それがさらに焦りになり、話しているお互いがなんだかプレッシャーを感じるようになります。

ゆったりと受け入れることを心がけていきましょう。

スポンサードリンク

3、笑顔を作る

自分から笑顔を作りに行けば、自然と女性への親密度が上がる

自分の興味がある話をしゃべっているときは笑顔かもしれませんが、女性の話を聞いているときは顔が死んでいる。

そんな男性は結構います。超モテ男術のメンバーも、意識しないとプレゼン大好きなんで、自分から話すのは好きだけど、女性の話を聞くときに、興味のなさを露呈しているなんてこともあります。

女性が話しているときに、こちらが笑顔を振り撒くことはめちゃくちゃ大切です。

微笑んで、微笑んで、微笑みましょう。
すると、包容力も増大して、女性も安心して話せます。

安心感のある男性には、いろんなことを話しますので、いい雰囲気で会話ができ、盛り上がっていきます。

4、同調する

同調を入れずにアドバイスを力説する男はモテません

女性の会話には基本的に同調しましょう。
同調をすっ飛ばして、アドバイスしたり、別の話題にいったり、質問を投げかけると、女性の心を打つことはできません。

女性が何かの話題について話したら、同調しましょう。
討論をしているわけじゃないので、ある話題に対して同調できるポイントは必ず存在するはずです。

女性のコミュニケーションの土台は共感と言っても過言ではありません。きちんと共感し、共鳴し、「この人なら…」という信頼感を勝ち取ったうえで、さらに言葉を選びながら、女性へアドバイスするぐらいの心意気が大事です。

自分の凄さを見せつけ、凄い自分が女性のために、的確なアドバイスをする。これって、アピールになっているようで、まったくアピールにならないことがほとんどなんです。女性は男性に凄さだけを求めているわけじゃないですから。

女性が分かって欲しい同調ポイントがあるのであれば、そこに同調しましょう。
すると、女性が話していて心地良くなり、いい雰囲気につながります。

5、コメントを添えて、質問で掘り下げる

「ちゃんと会話してる感」を女性に与えられる

同調した後に、女性が自ら語り出すのであれば、あなたの同調は神レベルです。
しかし、同調した後に、女性が語らなければ、会話は止まってしまいます。

同調で心地良くなったのに、すぐに元通りになります。
ですから、女性の話に同調したら、コメントを1つ添えましょう。

グルメリポーターの彦摩呂がなぜ人気なのか?
それは、「美味い!」と同調した後に添える当たり障りのないコメントが秀逸だからです。
「味の宝石箱や!」これって、正直意味分かりませんよね。

でも、意味がないくらいでいいんです。これは同調の余韻を引き立てるためのものです。
そして、次にする質問の前に興味を持っていることを示すワンクッションでもあります。

だからこそ、質問がインタビューにならないのです。
質問は、女性の話したことを掘り下げるか、その話から連想される別の話題の内容にしましょう。

同調→コメントときて、質問をすれば、女性は心地良くさらに話を続けて、終始楽しい会話の時間だったという評価になります。

最後に:いい雰囲気が作れれば、どんな女性でもうまくイク!

20150819-02

いい雰囲気で常に会話できるようになれば、かなりフットワークが軽くなりますよ!

今回お話した内容はどんな女性でも通用します。

自分で面白い話をするパフォーマーの男性は、意外と女性によっては、評価が上がらないことも多いものです。

女性は自分の話を話しながら、自己開示と自己拡大をすることによって、気持ちが高まっている状態が心地よいんです。その心地良い状態にできる男性に惹かれていきます。

会話に自信が持てるようになれば、サクッとバーに行って、女性と連絡先交換したり、ふらっと入った相席居酒屋で女性から好かれたり、キャバ嬢とプライベートな関係になれたり、1つの会話の小さな差異が積み重なって、大きな結果を引き寄せることができます。

ぜひ、会話の苦手な方は、今回の「いい雰囲気で女性と会話をするには?トークの雰囲気作りのコツ」について、参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!