女性に気を利かせても、気を遣わないのが、モテの鉄則

モテる男の精神論・心構え・マインド

気を遣うことで、女性に生まれる壁

あくまで、女性には対等な立場を築く

エスコートなど一般的には、好きな女性が多いですが、やり方を気をつけてなければ、あなた自身は「家来」のような感じになってしまいます。

要は、その親切が女性にとって、どのような立場でなされたかということです。

自信を持って、あなたの何気ない気持ちから生まれたエスコートだとしたら、女性は快く感じるでしょう。

しかし、あなたが「です・ます」で話していた状態だったり、下に下に出た状態で親切をすれば、そこに「男性さ」はなくなってしまいますので、エスコートされる女性からしても、マネージャーが動いてくれた的な感覚になっちゃうんです。

同じことをしていても、あなたが女性に普段どうやって振舞っているかによって、あなたのリードやエスコートが効いてくるかどうかは変わります。

なので、女性を上司のように接待する感覚でデートを繰り返しては、恋人までの突破口が開けそうで開けないという、めちゃくちゃモヤモヤした状態を喰らい続けることになります。

普段は、然としていて、気づいたら動く、ぐらいの感覚で構いません。

そうやって、ある程度、雰囲気的には、壁が取れた状態で行う親切やエスコートにこそ、男性としての魅力を積み上げる効果があるんです。

女性の方が偉い、好きになってしまった自分が立場が下という考えを取り除く

自信がない男性などは多いですが、これは女性を捉える価値観によるモノが大きくて、なんとなくデートでは、女性の方が偉いと勝手に思い込んでいたり、こちらが好きになってしまったのだから、こちらが立場が下だとか決めつけたりしているんですね。

女性はどんな女性に対しても同等だと思って接する。

これを心掛けただけで、かなりモテへ変貌した男性は多いです。

なぜなら、「対等なマインド」に変換しただけで、今まで行っていた女性への行動が、「男性としてやっている行動」に観られるようになったからです。

なぜだか知らないけど「男性として見れないんだよねー」というラインを超えたということです。

女性に気を利かせても、気を遣わない。

今まで出来てなかった男性は、ぜひ、このマインドで、女性に接してみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!