女が男に抱く第一印象の法則

理想の女性を捕まえる

女性は最初に男を部屋分けしている

20150901-01

元祖売れっ娘ホステス檀れみさんの「部屋分け」という表現

夜の銀座で口説かれ続けた元祖売れっ娘ホステスである檀れみさんの著書『紳士のルールズ モテる男の口説きのポイント73』にて、第一印象について面白い記述がありました。

女性の心のなかにはいくつかの部屋があって、この時点で、出会った男性を自然とそのうちのどこかに振り分けてしまうような傾向が見られるからです。そして、一度どこかの部屋に入れてしまうと、女は自ら移動させようとはなかなか思わなくなる。そうなったら、男性は時間と労力をかけてジワジワと移動を試みるしかないのです。

『紳士のルールズ モテる男の口説きのポイント73』

よくファーストインプレッションで「ありかなしか」だったり「上中下」だったりの分類に分かるという話は男女でも共通しているのですが、この檀れみさんの「部屋分け」という表現はすごく女性の恋愛について言い当てていると思います。

というのも、女性はその女性の恋愛観があり、恋愛経験があり、同じ男性を観ても抱く印象は大きく異なることもあれば、小さく異なることもありますし、真逆であることもあります。

女性は自分ならではの仕分け部屋を作っている

すべての女性が「ありかなしか」だったり「上中下」が共通する訳でもなく、そんなに短絡的なものでもありません。

要は、そもそも判断の基準が違っていて、男性と会った第一印象から吸収できる情報も違うし、情報の判断基準も違いますし、判断した後の処理の仕方も違います。檀れみさんがいうところの「出会った男性を自然とそのうちのどこかに振り分けてしまう」というのは、判断した後の処理の仕方のことと言えるでしょう。

例えば、Aの女性は「付き合いたい/遊びたい/自分からは話しかけないけど、相手してもいい/誘われたら断る/キモイ」という部屋を持っているかもしれないし、Bの女性は「付き合いたい/一緒にいたい/友達としてかな/生理的無理」という部屋を持っているかもしれないし、もっとも分かりやすく落としたい女性は「キスできる/キスできない」という部屋ということもあります。

スポンサードリンク

出会った瞬間はこちらが相手の部屋を知ることができない

20150901-02

非イケメンは悪い部屋に配置されないことが最優先

第一印象の清潔感について口うるさく言っているのは、あなたが女が男に抱く第一印象の法則を知っていたとしても、彼女たちが個別に持つ部屋までは分からないからです。会った瞬間は分かりません。

だからできるだけ無難にしておくことで、悪い部屋に入らないようにしなければなりません。最初に悪い部屋に行ってしまえば、良い部屋に行くまでにはかなりのハンデを背負うことになります。

ただし、第一印象で勝負が決まるわけではありません

ナシ以外であれば、女性を落とす道は開かれている

第一印象は、女を落とすというのが山頂だとしたら、何合目から君が登山を始められるかのスタート地点を決めるようなものです。言うまでもく第一印象が悪ければ、低い位置から始めなければなりません。ただ、これがやっかいで、女性によっては、低い位置から始まった人間に山頂を与えないということがあります。

もう完全に心を閉ざして、あなたがどんなに頑張っても振り向かないという状況です。この事態を防ぐために、第一印象の清潔感を極めるというのが私の考えです。

つまり、第一印象はかなり高いレベルを目指すのではなく、とりあえず、良い部屋に入っておくというレベルが良いでしょう。

出会う度に新しいカードを出し、新鮮味とギャップを出し続けることも考慮すべき

1回で無理なら、1回でアピールを詰め込まない方が良い

第一印象は高ければ高いほど、いい部屋から始まりますが、1回の合コンや飲み会のやり取りだけで、告白して付き合うことができるなんていうのはほとんどありません。

で、あれば、次のデートや約束を取った時に、新しい魅力が出せるように、ある程度は取っておくのも作戦です。
イケメンにありがちなのですが、合コンや恋活パーティーはめちゃくちゃ強いんですが、でも、付き合うというとこまではなかなかいかない。もしくは付き合っても続かない…これはイケメンがモテまくるのではなく、単純に最初の評価が高すぎて、長期戦で見ると、飽きてしまうということがあるんです。

イケメンは付き合うまではその他の魅力がそこまで必要ないケースもあるので、ブサイクの方が総合的な魅力があるということも言えます。なんでもできるイケメンもいますが(笑)

女が男に抱く第一印象の法則から非モテがやるべきこと

第一印象の足切りを乗り越えて下さい

第一印象で「女性は自分なりの部屋に仕分けする」という法則から、あなたのやるべきことは…

・清潔感を徹底的に極める
・女性の部屋分けで良い部屋に入る
・女性から価値観や考えを聞き出す
・2回目に発揮する魅力を取っておく
・あとは、ひたすら女性と向き合う

というステップになります。清潔感を徹底して努力したのであれば、あとは、トークで女性と向き合いながら、本音を引き出し、情報戦に持ち込むだけです。

情報があれば、その女性に何をすればよいのかが分かります。会社ではモテたり、いい人だったり言われるのに、一度限りの合コンや恋活でモテない男性は第一印象に問題があり、ナシの部屋にブチ込まれていたり、低い第一印象からスピーディーに魅力を積み上げることができていなかったりするということです。

どんな場面でも第一印象を乗り越えられるようになれば、どんな環境でもモテやすくなります、ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!