好きな女性に「彼氏として、男して見れない」と言われてからこそ、女性は落としやすくなる

恋愛相談

208-01

32歳男性、片想いの相談のケース

「もう付き合ってるようなもんじゃん」と既に彼氏のような存在と思っていたのに…

まずは、ケースの説明を。男性は好きな女性と何回も夜の食事を重ね、遂に朝から会える1日デートの約束を取り付けました。
車で1時間半くらいの距離にドライブに行き、紅葉を楽しみ、昼食、夕食を一緒に食べたそうです。

男性としては、「もう付き合ってるようなもんじゃん」と思うくらい、カップルのような感じだったそうです。
例えば、好きな女性が肩のほこりを取ってくれたり、女性の髪に付いたゴミを男性が取ってあげたり、寒い場所ではブランケットをかけてあげたり、道を歩いているときは背中に手をまわして車から守ったり、1本の傘に二人で入ったりetc..

デート終了後、彼女の自宅の少し前で告白をしました。
しかし、告白は失敗…

断られた理由が、「ただの友達としてしか見れない」でした

208-02

「とりあえず付き合ってみる」という選択肢は、女性にはなかった

女性はどうしても、男性のことを彼氏という目では見れなかったようです。

そこで、男性は「じゃあ今まではどうやって付き合ってきたの?」と聞くと、一緒にいるうちに自然と好きになって告白されるか、友達だった人に告白されて意識しだして付き合ってみた、ということです。

告白後の食事で、女性に「いかに今の自分には彼氏が必要でないか」とか「私は人の影響を受けたりしない、変わらない人間です」という様な話をされ、男性は「遠回しにこれ以上押してこられても応じられません」と言っている様に聞こえたそうです。

以上が、ケースの説明になります。

いやぁー、男性は頑張りましたね。そして、良い情報を聞き出してます!

このようなケースは、今後、男性がしっかりと対策を取れば、楽勝で付き合えるケース

208-03

女性と男性の間で、彼氏彼女の存在感の定義が違っていただけ

好きな女性に「彼氏として、男して見れない」と言われたら、もう降参せざるを得ないと思っていませんか?
友達の烙印を押されるたら、THE・END。

しかし、恋愛商材を読み漁り、ノウハウを知っている男性たちなら、ここからが、チャンスと張り切るでしょう。
しかも、この32歳男性、上手く情報を聞き出しているんです。皆さんは気づきましたか?

この関係から、さらに情報を聞き出せば、確実に付き合える状況になります。

「警戒されておらず、何度もに会える関係」は再チャレンジでゲットへの架け橋

ここで何よりも一番重要なマインドが…

「友達としてしか思えない」=「男として思われていない」じゃなく
「友達としてしか思えない」=「あなたに警戒心がありません」

という捉え方をすることです。

女性と付き合うあために、必要なのは、「メリット」を積み上げる機会を創出し続けること。
つまり、「会える」という環境要因を確保し続けることが大切なのです。
そのための第一ステージが「警戒心を外す」ことになります。

そう、彼は、この部分をクリア出来ているのです。

会った先に何をすべきか、熟考する

「会える」という条件が整っています。
逆に、「友達と思われている関係」の方が、メリットを積み上げるために必要な機会=「会える」を確保しやすいのです。

一度、告白に敗れて、でも、まだ会える。そして、次こそは成功させたい。
きちんと、やれば、こんなに楽勝な恋愛ゲームはありません。

では、彼は一体何をするべきか?

スポンサードリンク

好きな女性に対する「現状評価」と「必要なメリット」を知り、「デート」で対策を採る

208-04

再チャレンジ絶対成功6ステップ

「彼氏として、男して見れない」と言われてからこそ、女性に対して行うことは…

1、女性の恋愛経験、恋愛観をトークする
2、女性が男として見れるポイントを知る
3、自分が実践できそうなポイントを突き詰める
4、デートを重ね、男と思われるようにメリットを積み上げる
5、友人などを介して、自分の評価を聞き出す
6、自分の評価が「彼氏になってO.K」のレベルで告白する

ということになります。

自分の予測と女性の現状のズレを知る

あなたは人として女性に愛されています。
ただ、男として認められていません。

最初の告白に至るまでに、きちんと、女性の恋愛観だったり、過去に付き合っていた彼氏の傾向だったり、未来の恋愛に対する要望を聞き出せていれば、あなたがその女性にフィットした男へ成長し、女性もあなたに好意を寄せることができたんです。

現状の男性に対する印象とは、今回の男性を凹ませた一言に尽きますよね。

「私は人の影響を受けたりしない、変わらない人間です、という様な話」=今のあなたの評価に過ぎません。

これが「現状評価」なので、ここを変えれば言いわけです。

デートを重ねる度に、課題を克服し、あなたの魅力を「彼氏という目で見てみたい!」にすれば、彼女に出来ます

208-05

現状評価が変わるために、女性にが必要としてる「男のメリット」を身に付けて下さい

おそらく、告白前のデートの内容から察するに、「人間性のメリット」は伝わっているはずです。

課題として、「彼氏という目では見れない」ということを、好きな女性が言ってくれていますね。
ただ、その女性にとって「男性を感じられる」ということを、付き合うことのメリットに置いているのでしょう。

ですから、以前に付き合っていた男性のどんな部分に「男を感じたのか?」をしっかりと聞き出しましょう。
あとは、対策を練って、デートの時に、実践し、メリットを積み上げていくだけです。

告白は絶対に付き合うことを確認する作業

きちんと対策をすることで、次の告白は、「付き合えるかどうか」の「勝負」ではなく、「付き合うこと」の「確認作業」になります。

そういうデートの積み重ね方が、そもそもは自然なのです。

初回の告白をキッカケに異性を意識してくれたら儲けもの

今回の男性の告白は、男として否定を喰らっていますよね。
しかし、逆に、告白したことで、女性が男として見るようになるケースは割と多いものです。
根本として、男性の評価が警戒されずに、人として認められているレベルにないといけませんが。

女性が「友達だった人に告白されて意識しだして付き合ってみた」ということもあります。

自分の手の内を暴露しても、会えることに意味がある

208-06

自分で状況を決めてもいけないし、諦めてもいけない

今回は、好きな女性に「彼氏として、男して見れない」と言われてからこそ、女性は落としやすくなるという恋愛のよくある事例を、実際の相談をもとに、解説してきました。

多くの男性が、「この状況は○○だ」と決めつけたり、「これじゃ××だ」と諦めたりします。
しかも、女性のリサーチが不足したり、リサーチの仕方が悪いから、判断を謝ります。

敢えて「男として見れない」段階で攻めるのは上級テク

今回の男性はある意味、実は女性を落とす手順を順序良く踏んでいるとも言えますよ。
本当にモテる男性は、一発目で決めますが(笑)
もしくは狙って長期戦に持ち込みます。いや、先に告白して意識させた方が、作業が短いだったりとか、いろんな恋愛の手法と天秤に掛けて、最高の策を繰り出すことができます。

告白したことによって意識してもらえる訳です。告白しただけであなたの男っぽさがアップしていくはずです。後は、女性が男性に求めるメリットである「男性を感じられる」というのが具体的に何であるのかを聞き出し、それを実践していくだけです。

一度告白に失敗して、再チャレンジを試みている方は、今回のご紹介したケースと似ている場合は、ぜひ、参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!