【夏はモテやすい】モテるなら夏に頑張るのが楽な6つの理由

モテる方法 未分類

夏はなぜ、モテやすいのか?夏にモテる6つの理由

モテやすい夏の季節にきちんとモテ切るべし

一言で言えば、夏にモテるのは楽です。というか、モテるなら夏にモテたほうが楽ですし、モテる基盤を作っておくだけでも良いですが、「今年は女性との絡みを人生において重要視していこう!」と考えるなら、今夏は気合を入れることをオススメします。とりわけ、夏にモテるための対策をするのはラクなんです。

夏にモテやすい6つの理由
1、出会えるイベントが多い
2、オシャレコストがとても低い
3、夜が明るい
4、開放的な気分になっている
5、心機一転の時期だから
6、爪痕を残したくなる季節だから

他の季節にはない恋心を刺激する季節が夏ということは、なんとなく感じ取っている方も多いと思います。出会いの数自体は、はるか昔に比べ、今は恋活アプリや相席ラウンジで気軽に獲得できるようになっているので、季節感で大差はないかもしれませんが、出会いの質(女性からの返報性)という意味では、ある程度悪くない印象を与えれば、かなりこっちに心を寄せてくれる、それが夏なのです。

夏にモテやすい理由1:出会えるイベントが多い

夏は恋人がいないフリーな男女にとって格好のイベントばかり

ビアガーデン、バーベキュー、花火、海水浴などを通した出会いのイベントがたくさん開催されます。もちろん、ド田舎の方は、都市部まで出向く必要があります。ご近所で恋愛相手を探したい男性もいるかもしれませんが、夏はなるべく近くの都市部で、直接出会える出会いの数を増やしながら、恋愛対象だけでなく、異性の知人や友人を増やすこともとても大切です。

都市部の知人や友人との関わり合いが、秋や冬の出会いにもかなり効いてきます。最初から恋愛対象としてチャレンジできる可愛くて性格の良い子だけに的を絞って絡むのではなく、一人一人の異性と出会って本音を聞くことを楽しんでみて下さい。で、できれば、同性の友達も増えるとベストです。いろんな同棲がいることで、自然にイベントに呼ばれたり、相席ラウンジや恋活パーティーへ一緒に繰り出すパートナーとなります。

出会いは難しく考えずに、相手のことを掘り下げることを目的とするぐらいハードルを下げておいたほうが、余裕のあるマインドで相手に好意的に映るような絡みが実現します。

夏にモテやすい理由2:オシャレコストがとても低い

夏は男性のオシャレ度が相対的に下がるので対策がラク!

例えば、夏にきちんとサマージャケットを着こなすだけで、オシャレ度は突き抜けます。多くの男性は夏はTシャツにジーンズといったカジュアル過ぎるファッションになりがちです。暑いので、トップスを1枚で済ませたいのは分かりますが、Tシャツ1枚だとファッションが質素で立体感も出ません。

こんな感じでジャケットを羽織るだけでも、夏は他の男性のオシャレ度を圧倒します。さらに言えば、夏は暑いんで、清潔感も不潔になりがちです。清潔であり続けることを心掛ければ、これまた他の男性を圧倒します。

しかも、夏のジャケットや他の服って、冬物よりもかなり安いんです。例えば、夏から真夏、初秋にかけてとある女性と関係を築く際に、服装は毎回変えて、鮮度のある外見的魅力を放り込むのがとても良いのですが、夏だと複数の服を揃えてもコストが冬よりもぜんぜんかさみません。

外見的な魅力を低価格で底上げできて、女性からモテることにコミットしやすいのが夏という季節なのです。

夏にモテやすい理由3:夜が明るい

ディナーも飲みも夜系デートが誘いやすい

夜が明るくなるので、夜に集まることに対する警戒心がぐっと下がります。例えば、昼間からデートすることになっていたとして、翌日の予定もまったくなかったとします。すると、女性は夕方までぐらいの時間をデートに考えていたとしても、晩御飯を食べることに乗ってきやすく、そこからお酒を交わしたり、バーに行ったりということもできたりするわけです。

18時とか19時とかに食事デートの約束が取れれば、そこから自分の家に来てもらったり、女性の家へ行ったりという展開も夏はやりやすくなります。

夏にモテやすい理由4:開放的な気分になっている

体感的にも視覚的にも開放的になっている

夏は自身の体の露出が基本的には大きくなりがちで、周りを見ても同様な傾向を感じ取るため、自分が開放的であることを自認しやすい傾向にあります。女性がこちらの提案に「ノリ」として乗っかりやすい時期とも言います。

一方、冬の場合は「寂しさの埋め合わせ」「人肌恋しさ」からこちらの提案に乗っかりやすい季節です。どちらにしても、「異性として悪くない」という印象レベルは最低限満たしている必要があります。

夏にモテやすい理由5:心機一転の時期だから

夏は様々なことにスイッチを入れるセカンドシーズン

仕事を含めて、社会的な新シーズンというのは、新年度の初月の4月です。1年を4シーズンに分けると、4月、5月、6月という3ヶ月がファーストシーズンです。

そして、7月からが第2シーズンです。慌ただしいファーストシーズンが終わり、セカンドシーズンで満を持して、心機一転恋愛に積極的に取り組もうとします。

夏にモテやすい理由6:爪痕を残したくなる季節だから

人は夏に何かを残したいと思っている

爪痕を残したくなる季節っていうのは、何かしたくなる季節ってことで、これは開放性も関係しているんですが、夏はそういった「とりあえず」や「とにかく」という衝動性を刺激しやすい季節なのです。

「ひと夏の思い出」という単語はよく聞くかもしれませんが、「ひと春の」「ひと秋の」「ひと冬の」なんて言い方はあまり聞かなくないですか?この言葉の使われ方からも、やはり人は潜在的に夏に何かを求めているわけです。

そして、女性から「この男性と弾けたれるならちゃんとした夏の爪痕になりそう!」と評価をされていれば、女性は衝動的なやり取りに乗ってきてくれるようになります。お持ち帰り、ワンナイト、真夜中のドライブ、夏からの交際など、いろんなことを引き寄せることができるんです。

最後に:夏に出会う女性一人ひとりと大切な時間を過ごして下さい

身体も心もホットなシーズンにして下さい

超モテ男術のメンバーは夏が大好きなんで、やはり夏に女性との成功体験を多くの男性に積んで欲しいなと考えています。本サイトの記事を数十記事ほど読んでいる方であれば、ご理解頂けると思いますが、本サイトのモテ術や女性への姿勢ってぜんぜんチャラくないですよね(笑)

他の男性よりも向き合って、自己開示と魅力の刷り込みを行った先に、自然に女性から好かれるという状態が出来上がるみたいな感じです。だから、ぜんぜん口説いたり、攻めまくったりするっていう感じじゃなくて、モテていきます。

だから夏に女性との成功体験を積みまくって欲しいというメッセージも単にチャラチャラと遊ぶという感じとは一切違くって、女性への家へ行ったり、ホテルに一緒に行ったり、帰り際に熱いキスを交わしたり、手をつないで海を見たり、付き合ってなくてもそういったお互いの心が溶け合うようなことがいたって自然に怒ります。

とにかく他のシーズンよりも気合入れてみて下さい。ひと夏の思い出がたくさん増えると、歳を重ねてからほんのり思い出して、ノスタルジーに浸ってそれはそれで良い酒が飲めたりします。ぜひ、夏の女性との恋、それが永遠となろうが、ひと夏の思い出となろううが、夏をエンジョイして下さいね!

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!