「上から目線でモテる男」と「上から目線でモテない男」の違い

モテない男の脱出法

7954-01

上から目線の男が女性に与える3つの効果

上から目線がなぜモテるのか?

上から目線の男性がモテるケースでは、上から目線であることが、以下の3つの効果を発揮しています。

<上から目線の男が女性に与える3つの効果>
1、男らしさ
2、ブランド感
3、強制力

上から目線は、男性としてアグレッシブなイメージを与えます。女性は遺伝子レベルで自分にないものを求めるものは言うまでもありません。女性は女性である事実は変わりません。だから、女性は「男らしさ」に惹かれます。

また、女性は希少価値のあるレベルの高い男を求めるのは言うまでもありません。上から目線な男性の態度は、男として他の男性よりも「デキる」「優れている」といった印象を与えます。

さらに上から目線の男性は、自分の言動や行動に強制力があります。上から自信たっぷりに提案や決断をされると、女性は、背中を押されてしまったり、有無を言うタイミングを逃したりして、男性の思う方へ誘導されてしまう確率が高くなります。

結果、「上から目線の男性がモテる」となるわけです。

上から目線の男性は一部のモテマインドを獲得している

上から目線の掛け算の仕方でモテの効果は大きく変わる

上から目線の男性は、「自信」というマインドがモテの本質に沿っています。ただし、他の要素が低質だと、「勘違い野郎」になります。他の要素も女性の価値観に寄り添っていれば、「男らしく他の男性よりも素敵そうでなんか誘いに乗ってしまう」と、女性は上から目線の男性に影響されます。

つまり、上から目線というのは、単体で成立するテクニックじゃありません(すべての恋愛テクニックに言えますが)。

ただし、上から目線のみを導入しただけモテる男性も存在します

清潔感もあって、女性の話を聞くのも上手で、友達の関係までは上手くいくけど、そこから深く立ち入ることができないような男性は、「上から目線」の行動体質を取り入れることで、男性としてモテるようになります。

・人として素敵
・友達としてアリ
・男らしくはない
・男のブランド感はない
・強引な感じはない

上記のような特徴の男性が、ある日、突然、デートに誘ったりしたら、女性はめちゃくちゃ不意を突かれて、警戒心すら芽生えることになります。出会ってから、上から目線を取り入れることで、「肯定的男感」を少しでも積み上げていけば、恋愛対象の箱に入れてもらえるため、清潔感があって、聞き上手な奥手男子でも、食事やお茶に二人きりで誘えて、しかも、女性も人ではなく、男性として認識してくれるようになります。

ということで、今回は、「上から目線でモテる男」と「上から目線でモテない男」の違いを掘り下げていきます。恋愛の長所短所は男性一人ひとり違いますから、自己分析して、自分に合った取り入れ方を熟考してみて下さい。

モテる上から目線は男の敬意・権威・品格を女性に刷り込んでいる

上から目線が成立する魅力をきちんと伝え切っている

男として素敵と思わている前提条件があって、上から目線はモテることに繋がります。そのためには、あなたが狙った女性が、どんな男性に魅力を感じるのかきちんとヒアリングを行い、少しでも満たせる要素は、満たしていると理解させることが必要になります。

女性の価値に沿った魅力を女性に分からせることで、女性は男として見た時に、敬意や権威や品格を感じます。敬意や権威や品格は影響力の根源です。上から目線が影響力を加速させ、モテへ繋がっていきます。

モテる上から目線は女性を下に見ていない

女性が上に見てくれるから、上から真摯に応えてあげている

すごく大事なポイントになります。実は、上から目線でモテる男性というのは、女性がその男性から上に見て欲しいと思っていることを察知し、上から真摯に女性のために対応してあげているんです。

だから、上から目線が心地良いんですよ。上から言ってくれるからこそ、心が潤うシチュエーションは、男性対男性のケースでも、沢山ありますよね。特に上司と部下の関係とかはそうだと思います。

女性が上だと思っている男性が、上の立場から、全力で励ましてくれたら、女性は自信を持てるんです。もはや、「上から目線」が「求められる目線」ってことは、つまり、ベストな目線になっています。

女性から求められる目線、女性がオトコを感じる目線、こういったことを把握し、女性に対応できるからこそモテるわけです。女性踏み込めなかったり、女性に男として見られなかったりするのは、女性が上から目線で見て欲しいターンで、弱々しい対応をしてしまい、男として見てもらえなくなってしまうんです。

終始上から目線の男はモテない

すべてにおいて女性の上に立てる男などほとんどいない

上から目線が成り立つのは、女性が本当に男性のことを上だと思っているからこそです。一般的な男性は、完璧ではありません。女性が上から目線に立つべき要素は沢山あるわけで、終始、上から目線の男性は、女性から「おやっ?」と思われることが多くなり、不快感を与えます。

モテる上から目線は、敢えてインパクトを狙いに行っている

嫌悪感を与えてギャップやメリハリを作っている

かなり高等テクニックですが、モテる上から目線で、敢えて、上から目線の言動や行動を取ることで、嫌われに行き、そこから、別のプラス要素を見せ、ギャップやメリハリで、女性の心に印象を刻むという作戦を取る男性もいます。

最初に「はぁ?何コイツ?」と思わせといて、だんだんと挽回していくパターンです。無味無臭の印象な男性よりも、上から目線でとりあえずインパクトを与えた方が、自己開示がスピーディーになります。

敬意を抱かれていない分野での上から目線はモテない

「お前が言うな」と冷められる男性にならないように

例えば、あなたが頑張っている分野で、超絶結果を出していて、超有名な人から、上から目線でその分野の事を語られても納得しますよね。

女性がプライドを持っていて、あなたよりも上の立場であると感じてるジャンルに対して、あなたが上からモノを言ってしまえば、女性の存在そのものを否定しているのと同じなので、そりゃあ、嫌われます。

最後に:ほどよい自慢や軽いツッコミや厳しめの冗談を言えるようになろう

上から目線を取り入れなくても抜群にモテます

以上、「上から目線でモテる男」と「上から目線でモテない男」の違いについて述べてきました。

超モテ男術のメンバーは、上から目線の男性はゼロです。肉食と草食の狭間の普通の態度ですね。ただし、自分がいかに素敵な男性かって話は、ウザくならないように気を付けて、楽しくワクワクするように話しますし、女性の話に対してツッコミを入れて割とちゃんとした指摘をしたり、笑いになる冗談を含めながら厳しめの発言をしたりってのは、かなりやっています。

上から目線でもありませんが、下から目線でもありません。持ちつ持たれつで、女性をとことん持ち上げながらも、こちらもアピールしたり、自慢したり、プレゼンしたり、ツッコんだり、ケナしたり、否定したり、なんてしながら、最終的には、女性を幸せになる時間を作っています。

その女性が感じる男性的魅力を理解しながら、コミュニケーションに幅を持たせて、でも、女性が幸せで心地良くなるような展開にする。上から目線も、メリハリやギャップの引き金であり、他の要素を掛け算にする要素にしか過ぎません。そのメリハリや掛け算がなくても、徐々に頑張れば、女性からはモテます。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

Thanks for your reading!