キャバ嬢は何回通っていくらお金を掛ければ落ちる?キャバクラへ通う最適な頻度と掛ける金額

合コン・飲みの席での女性アプローチ術 店員の口説き術

4772-01

好きなキャバ嬢を落としたいなら、一定を安定させること

キャバクラに掛けるべき金額

キャバクラで一番やってはいけないのがキャバ嬢にお金のことをたくさん考えさせること。男性が毎回使うお金が高かったり、安かったり、バラつきがあると、値段に予測が付かなくなります。さらには、使う金額がいつもより少ない場合は、「最近はお金に苦労しいるんじゃないかな」と思うようになります。

最終的に使う金額にバラつきあると、使う金額が安い時の「期待の裏切られた感」のネガティブインパクトが強く残るため、その男性をお金で見ることが多くなります。

しかしながら、毎回、同じ金額を使う男性は、その金額しか使わないということが分かっているため、その人をお金で見ようという発想がだんだん消えていきます。男性に一定の金額を使うポリシーが決まっていると女性も思うため、その男性がお金持ちかどうかなどの視点もなくなり、純粋にその男性との会話を楽しむ姿勢になるんです。

キャバ嬢は1万円しか払えないお客に3万円の注文を要求しません。キャバ嬢には明朗会計が一番です。

本気でキャバ嬢を落としたいのなら、週に1回をベースに金額を組み立てる

4772-02

無理なく通えて、接触頻度が多くなる回数を

例えば、1回の飲み会を「90分1万円」と設定しているのであれば、週1で通うには月に4万円の値段が掛かります。月に4万円の予算が出せないのであれば、2週間に1回なら「月2回2万円」、10日に1回なら「月3回で3万円」、ここら辺が妥当になってくるでしょう。

1万円という金額はキリがいいため、キャバ嬢も簡単に覚えられますし、ケチっている印象もなくなります。

キャバクラに掛ける金額は月2万円~4万円、キャバ嬢に会う頻度は月に2回~4回で落としていくことが現実的になります。

キャバ嬢にお金を掛けるのがもったいないというマインドは絶対に捨てる

4772-03

キャバクラはお値段以上と認識しよう

キャバクラに通う男性側が、キャバ嬢と関係を深める過程で「こんなに金が掛かるのか?」と焦ったり、自己否定したりするのは、一番よくありません。素敵な女性と出会えて、それでいて、お酒も飲めて、男性としてのコミュニケーション力も付けられて、女性と仲良くできる。むしろ、払っている額以上の経験ができているというマインドを常にセットしておいて下さい。

男性としての価値を積んでいき、きちんとキャバ嬢と仲良くしていれば、そのキャバ嬢から素敵な女性の紹介を受けることも可能になります。美しい女性の脈や縁が広がることも考えれば、そのキャバ嬢を落とせない時も、キャバクラに通った恩恵を受けることができます。

狙っているキャバ嬢に毎回、一定の金額で任せる

4772-04

キャバ嬢と信頼関係を深める「金額一任制」

毎回、キャバ嬢に会いに行ったら、「今日も、○○ちゃんに1万円で任せたから」と言って、キャバ嬢にお金の回し方を一任して、楽しく飲むようにしましょう。すると、その金額内で、あなたを楽しませようという発想になります。キャバ嬢は男性が自分を信頼してくれているように感じ、キャバ嬢があなたに自己開示しやすくなります。

スポンサードリンク

ムラがあり派手に飲む男性は「金づる」に成り下がる

4772-05

男性として魅力的に思われる使い方を

たくさんのお金を掛けて派手な使い方をすれば、キャバ嬢はもちろん喜びます。ただし、その喜びはキャバ嬢としての自尊心だったり、お店の売り上げに繋がったりする安心感に過ぎません。

実際は地味な金額ですが、その中で思い切りキャバ嬢の心に気を使うやり取りをしながら、お互いがきちんと楽しむことが大事です。月に2回~4回の頻度、月2万円~4万円の金額で通うことで、時間にもお金にもメリハリのある印象を与えることができ、自己管理できる心に余裕がある印象に繋がります。

逆に派手にお金を一気に使ったり、ケチったりの差が激しいと、自分に余裕がなく、自己承認欲求を過剰に求めている男性のイメージを与えるため、キャバ嬢にモテるようにはならないでしょう。

ボーナスなどの臨時収入があった際には、ちょい足しでキャバ嬢に任せてみる

4772-06

キャバ嬢がウキウキするイベントになる

ボーナスで臨時収入があり、使える余裕がある際は「ボーナスが出たから、今日は2万円で任せるね!」という風に言えば、キャバ嬢は喜びます。それは、多くの金額を得られるという喜びだけでなく、知恵を働かせていつも1万円で楽しませてきた時間が2万円に増えることでより違った楽しみをあなたに演出できるという喜びです。

毎週決まって行くことができない場合は、4~5回に1回の割合で金額を増やすタイミングを定期的に作ると良いです。

最後に:キャバ嬢と会う時間は、キャバ嬢には自己開示と自己拡大を促そう

あなただからこそ話せる内容を共有すれば、距離はぐっと近づく

キャバクラへ通う頻度は無理なく、掛ける金額も無理なく、毎回一定にして、キャバ嬢に一任して、信頼感を積んでいく。キャバ嬢を落とすためにやるべきこと自体は、出会ってから女性を落とすノウハウと変わりはありませんが、お金が必要で、お金によって心と行動が影響を受けるという点にあります。

気を付けるべき点は、キャバ嬢との会話から自己開示と自己拡大を促すこと。キャバ嬢があなたとの会話で…

「初めて言われた」
「初めてそんな自分に気付いた」
「こんなことあまり言ったことない」
「こんな本音で勝語れて嬉しかった」

と思えるようになれば、他の男性とは圧倒的な差が付くはずです。そもそも、女性の自己開示と自己拡大に気を使って話す男性はほとんどいませんから。素敵なキャバ嬢に会って、落としたいと思うなら、今回の通う頻度と掛ける金額を参考に、キャバ嬢の自己開示と自己拡大を促すコミュニケーションを心掛けて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!