多くの女性が「愛着障害」で男を好きになるという視点を持ってみよう

モテる方法 モテる男の精神論・心構え・マインド

愛着障害とは?なぜ、恋愛と愛着障害に関係があるのか?

愛着障害が異性との愛を大きく変容させる

愛着障害とは、「両親との愛着が正しく形成されず、子どもの情緒や対人関係に問題が生じる状態」を意味します。

<愛着障害に起因する出来事>
・幼児虐待
・ネグレクト
・子育て嫌悪
・DV
・離婚
・多忙による子育て放置
・親の価値観の押し付け
・親の子供へのライバル視

愛着障害が起こると、他人に依存的になったり、馴れ馴れしく他人にすぐにベタベタと絡んでだり、過去にとらわれ過ぎて自己否定感をずっと感じたり、物事に過剰反応したり0か100かで捉えてしまったり、自分のことを大事に思うことができなかったり、他者への想像力が働かなかったり、タイプの違いや程度・頻度の差があれど「ヤバい状態」が起きるわけです。

子供の頃の愛着障害は愛の枯渇を意味します。それゆえに、大人になってからも、愛を求める作業、いわば恋愛のような人間関係で、子供の頃の愛の枯渇を埋め合わせようとします。結果、愛着障害によって、恋愛の癖がかたどられます。

重要:愛着障害が完全にゼロという男女は存在するのか問題

愛着障害は誰でも少なからず受けている可能性がある

子供、とりわけ、乳児、幼児、小児は敏感な生き物です。社会を知らないし、経験も積んでないし、不慣れも多いし、地位や名声も、独りで生きていく力もありません。肯定感をこれから徐々に積んでいくという中で、親との一つ一つのやり取りが人生に与える影響はバカデカいんです。

さて、愛着障害をまったく与えないという観点で、子供に完璧な子育てをしている親がどれだけいるだろうか?

この視点に立つと、精神的にヤバい領域に達している男女はもちろん、一見、普通の素敵な男女でも、何かしらの愛着障害を感じることを経験していることは非常に多いと言えます。障害とは暴力的な行為だけを指すのではなく、愛を育む際に、愛が素直なベクトルへ伸びなかった機会を意味します。

愛着障害の観点から言える女性が男性を好きになる理由

本当の自分のケアしながら、本当の愛を育める男性を好きになりたい

「愛着障害は少なからず誰にでもあるはずだ」、この観点に立てば、女性は「本当に愛されたい形で愛されたい」という思いが一番上位に来ます。そうなると、顔がカッコイイなんて、本当に初期のスタートダッシュの賞味期限がすぐ切れる魅力でしかないと思いませんか?(実際にそうなんですが)

さらに究極を言えば、「過去に囚われていた愛のカタチから抜け出し、新しく素直でより高次の自分へ向かっていく愛のカタチを作っていきたい」と女性は思っています。

だって、それが愛としてはすごく心地よく、鮮度もあり、可能性を永続的に感じられるからです。自己開示が過去に向き合うものだとすれば、自己拡大は未来に向かうもので、自己開示と自己拡大を兼ね備えていれば、どんな女性も「あなたとの愛を築くことに人生を優先させたい」というマインドへ変えることができるわけです。

「純粋にその人を好きになる」なんて状況に立てる男女は非常に少ないと感じています。愛着障害に限らずに、何かしらの過去に受けたネガティブな事情が、その人の嗜癖を作って、それが見事に恋愛に反映されているんです。この視点に立てば、女性が本当に見えてきます。

他の男性よりも女性の本質が見えるということは、それだけで、特別な存在になり得るし、トークで自己開示を促し、女性の心をケアし、未来の可能性を広げられる自己拡大できる存在になることができさえすれば、女性はあなたといることが「他の男性よりも気持ちいいこと」と確定を出します。

最後に:女性の本質を突くトークを混ぜながら、自分の男性的魅力を同時に刷り込もう

女性の本質を深め合うことに本気の興味を注げるかは、女性を落とすうえで非常に大切

人は誰しも闇と病みがあるという視点に立って、愛着障害を引き合いに、女性の捉え方について、お伝えしてきました。例えば、「女性が相席屋に来た」という事実も、「単純に男性との出会いがなくて、楽しく飲みたいから来ている」と捉えるのか、「この女の子たちは今日相席屋に来るという選択が優先されるほどの精神状態で、相席屋で満たしい何かがあるし、普段満たされていないものって何なんだろうか?」と捉えるのでは、自己開示力がまったく変わってきます。

女性の満たされていないものは何か?女性が満たしたいものは何か?過去、現在、未来の視点で、女性の本質を捉える努力をしてみて下さい。

そして、大事なのは、深い話を掘り下げながらも、「自分の場合やったら、その場合、女性にはこうする」というマイケースで魅力を暗に刷り込んだり、自慢っぽくても良いので、「男性として女性に喜ばれていること」や自分が頑張っていること、強みだと感じることを、随時言い放っていきましょう。サクッとサラッと言って、女性へ話題をシフトするだけでもだいぶ違います。

「そういえば、話題それるけど、俺って、よく〇〇って言われるけど、●●ちゃん的にはどう?(女性が答える)おお、やっぱこれは魅力になるんやね!そか、ありがとう!あっ、話題戻して、で、●●ちゃんって、惚れっぽいっていうけど、ボーダーはさすがにあるやろ?色気あんまり感じない友達って感じの男性に突然言い寄られても、好きになってしまう?ってか実際にそういうこと前にあったりした?」

みたいな感じです。魅力の刷り込みと自己開示のコンボを自然にやっています。冗長っぽく聞こえるかもしれませんが、これがニュースや相手の知らない趣味とかだとヤバイんですが、相手の本質にベクトルが向いた話なんで、長ったらしくてもいいんです。で、自分の魅力を断続的に刷り込むことで、会話の説得性が増し、深い共感や愛着を相手が持ってくれるようになります。

「ついでに、魅力も刷り込んでおく」ということに慣れた男性は、非常に強いです。超モテ男術のメンバーも「えっ?ただ、テキトーに話したようにしか見えないんですが、向こうから誘われたんですか?」なんて、同席者に驚かれることが多いんですが、そういう場面では、魅力の刷り込みと自己開示が効率よくできています。周囲の男性は、その女性の本質を知りませんし、会話の中身をしっかり聞いているわけじゃないんで、見た感じは、テキトーに話しているようにしか見えないようです。だから、手品のように思われます。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!