【モテる男の気遣い】ちょっとした気遣い例20選

急速にモテるデート術

ちょっとした気遣いの連続に慣れれば、イベントでもパーティーでもデートでもモテまくる

モテる男の気遣いはマインドが命

モテる男性は気遣いが上手です。気遣いが上手というのは、

・女性が求めることを気遣う
・男の気遣いを負担に感じない
・男の気遣いで女性の心が満たされる
・気遣いによって相互理解が深まる

ということになります。ある意味、「気遣い」は単純接触です。気遣いをすればするほど、時間当たりのコミュニケーションは増え、評価が増える潜在性は高くなり、多くの情報を与えながら引き出していき、お互いが理解し合えるようになります。

<モテる男性の女性へのちょっとした気遣い20選>
1、気を使うのが楽しいという気遣い
2、かといって出来過ぎないという気遣い
3、負担のない待ち合わせ場所で気遣い
4、待ち合わせた瞬間の自然な褒めで気遣い
5、トイレの心配してあげる気遣い
6、歩く速度や立ち位置で気遣い
7、暑い・寒いなどの環境の気遣い
8、デート場では堂々としておく気遣い
9、食事の提案を3箇所以上用意する気遣い
10、飲み物や食事をついであげる気遣い
11、本音で気疲れを語らせる気遣い
12、爽やかにそっとしてあげる気遣い
13、撮りたい写真を撮ってあげる気遣い
14、店員さんや周囲の人に優しくする気遣い
15、女性が迷ったらバシッと決めてあげる気遣い
16、ムチャぶりや我がままで気遣いを負担にしない気遣い
17、女性がフラフラとアドリブできる気遣い
18、してもらったことは喜ぶ気遣い
19、今度やりたいことを聞いて展開を自然にする気遣い
20、プラン以外のことを即プラン立てる臨機応変な気遣い

気遣いは実践すれば、女性に認められるものではありません。ぶっちゃけ、気遣いが女性の的を得ていなくても、自信を持って行ったり、間違ったら爽やかに締めくくったり、堂々とやることが一番のコツであり、一番の気遣いと言えます。

それでは、モテる男性の女性へのちょっとした20個の気遣いを1つずつ解説していきたいと思います。

1、気を使うのが楽しいという気遣い

用意周到でホームグラウンドを増やすなどの工夫を

気を使うのが楽しいと思える男性は、気遣いが超自然になるため、女性があなたの気遣いを負担に感じることがなく、気遣いで関係が弾みやすくなります。

ぶっちゃけ二人でいる時に大きな迷惑をぶっ掛ける行為じゃなければ、気遣いなんて楽しくやればいいんですよ。逆に、「あっ、ここはこういう気遣いしたら、●●ちゃんも楽しいだろうから、やってみよー」みたいなマインドが大切です。

気遣いに関しては「やった方がいいかな…やらくてもいいしなー」みたいに思ってる時点で負けです。デートなら事前情報だったり、ファッションやエチケットで清潔感を高めて用意周到にし、繰り出す場所が女性好みでかつ自分が行き慣れた場所であるように、普段からホームグラウンドを増やすのが、気遣い上手な男性になるコツです。

2、かといって出来過ぎないという気遣い

気遣いはミスるくらいがちょうどいい

完璧な気遣いを求める必要もありません。なぜなら、接待じゃないからです。お互いが完全じゃないことを受け入れれば、ミスをお互いに楽しめるイベントになります。男性も女性も「ミスったらどうしよう」という感情で心が埋め尽くされると、お互いの接触を楽しめなくなってしまいます。

ミスはあるぐらいがいいので、気遣いはどんどん楽しく放り込んで、ミスったら笑いに変えたり、誤った後に、次の展開で頑張りましょう。見た目がキモくなく、不潔な部分もなく、会話も普通にデキる関係で、女性の体調が悪くなければ、エスコートやプランの一部がミスったくらいで、デートが致命的に壊れたりはしません。

3、負担のない待ち合わせ場所で気遣い

待ち合わせ場所の居心地の良さは超重要

待ち合わせ場所が待ちやすく、いきたい場所へ行くまでの導線もスムーズであることが重要になります。会う前に女性が何をしていて、どのような交通手段を使っているかに気を配って、待ち合わせ場所を決めましょう。

待ち合わせ場所が暑すぎたり、寒すぎたり、陽射しが強かったりなんてのは、NGです。デートの出だしなので、なるべくマイナスポイントを減らすように心掛けて下さい。

4、待ち合わせた瞬間の自然な褒めで気遣い

女性を女性として肯定している合図を発する

待ち合わせでご対面した最初のトークも非常に大事です。コツはファッションを褒めれば、大丈夫です。内容というよりは、女性の女性らしさを何かしら心から認めているという合図を出すことが大事になります。

さくっと褒めて、その後に、おおまかなデートプランを女性に伝えましょう。ここで、きちんと準備したことが伝われば、女性はさらに、男性の気遣いにテンションが上がることでしょう。

5、トイレの心配してあげる気遣い

楽しんでほしい事に集中してもらうために

トイレに行きたいのに、言いたくても言えない時間が生じてしまうと、デートなどのコンテンツが全く頭に入って来ずに、心から楽しむことができません。

トイレの心配は非常に大事です。過ごしている場所のどこにトイレがあるかを常に把握しておくようにしましょう。「あ、トイレあそこなんだ!」みたいな感じで、自分からトイレの場所を発すると、女性はトイレへ行きやすくなります。

6、歩く速度や立ち位置で気遣い

テンポや足並みが揃うことは心が寄り添ううえで大切

独りよがりを感じさせないうえで、一緒に歩くスピードだったり、立ち位置は大事です。エスカレーターの上りでは、女性を前にして、降りる場合は自分が下になるなど、一緒に歩く際のエスコートはたくさんありますが、自然にできる範囲で心掛けましょう。

雨の日など、車側に歩かせるなど御法度です。水が掛かって実害を被ったりしたら、一緒にいる時間に支障が出てしまいます。

7、暑い・寒いなどの環境の気遣い

空調でデートが滅ぼされてしまうことは意外にもある

ドライブデートの車のなかったり、雰囲気の良いテラス席だったり、一見テンションが上がりそうなことだとしても、女性は気温で一気にやられてしまい、それどころじゃなくなったりします。

女性に、熱いのか、寒いのか、大丈夫なのか、部屋の温度に気を使うようにして下さい。

8、デート場では堂々としておく気遣い

威風堂々だから、女性も過ごしやすさが増しまくる

デート場で自信がなさそうだったり、挙動不審にしてると、女性も不安になります。非モテやフツメンなら自分から誘っているはずですから、むしろ、堂々としていないのは、一番の失礼な行為に当たります。

デート場は常に堂々としておいてください。もしくは、自分が堂々とできる場所を最初から選んで下さい。女性の好みを踏襲したうえで、堂々とできる場所がないときは、場所を見つけ、自分で通って慣れていくしかありません。

9、食事の提案を3箇所以上用意する気遣い

選択肢があれば、女性は想像的になれる

食事の選択肢は3つ以上がおススメです。女性の好み、自分のおススメ、流行の店など、幅を持たせるのがコツです。この幅を持たせたプランを選ぶのが面倒だと感じているなら、その時点で非モテマインドですね。とにかく、デートを重ねて、デートへの精神的負荷を減らしていくしかありません。

10、飲み物や食事をついであげる気遣い

やらなくてもいいなら、やればいい

飲み物や食事をついであげる気遣いは別になくても構いません。だから、やっちゃえばいいんです。しかも、堂々と爽やかに。すると、単純接触が増えますよね。

今度は何かのタイミングで女性が気遣いを入れてくれるでしょう。しかも、女性側も割とノリよくウキウキやってくれます。

ポジティブでアクティブな気遣いは、女性から良い返報を得ることができ、持ちつ持たれつの関係を楽しくしてくれます。

11、本音で気疲れを語らせる気遣い

本音を言いやすいように、自分でも本音を開示しよう

疲れたら、疲れたと言えるような雰囲気を作る。自分から。「ちょっと疲れてきたね!」と言っちゃう。疲れた理由も女性じゃないことを明示する。「さっきのゲーム張り切り過ぎてちょっと疲れたから、休もうか!疲れてない?」みたいな感じです。

自分から本音を言うことで、女性も自分が気疲れしたときにサクッと言ってくれます。

12、爽やかにそっとしてあげる気遣い

適度に放っておくことも大事

ドライブ女性で女性が眠そうだったら、沈黙を気にせずに走り続けて、女性を寝かしてあげて、起きた時には、「おはよう!」と元気に対応してあげる。

最初は気遣いしてくれた女性が、ちょっと我がままになれるのは、ある種、緊張感が少し溶けて、心を許している証拠でもあります。後は、男性として舐められないように、きちんとリサーチして、女性の求める魅力を積み上げる作業をしましょう。

13、撮りたい写真を撮ってあげる気遣い

撮りたそうな時にはサクッと撮ってあげよう

あなたと写真を是が非でも撮りたいということはないかもしれませんが、あなたが素敵なお店に連れていったら、女性は写真を撮りたくなるかもしれません。

若い女性ほど、承認欲求を満たしたがっているため、女性とお店だったり、女性と美味しそうな料理が移っているような写真を撮ってあげましょう。自分のスマホで撮って、LINEなどで写真を送るのも良いでしょう。

14、店員さんや周囲の人に優しくする気遣い

居心地の良さを作ることを徹底しよう

店員さんや周囲の人にも謙虚で優しく対応するのがとても大切です。そのうえで、女性を一番に扱うようにしましょう。

15、女性が迷ったらバシッと決めてあげる気遣い

選択を用意して膨らませても、決定は自分がしてあげるのは逆に親切

女性が選択に迷ったら、半ば強引かもしれませんが、男性がサクッと決めましょう。その選択が結果的に微妙だったとしても、決定の時の雰囲気が良ければ、お互いがネタにして、良い関係へ昇華させることが可能です。

16、ムチャぶりやわがままで気遣いを負担にしない気遣い

、多様な感情を女性に与えれば、関係は深まる

気遣いだったり、敬意があったり、評価をそこそこ積んでいるのであれば、ムチャぶりやわがままやおねだりをすることで、多様な感情を女性に与えることができます。

気遣いだけだと、お互いの関係が常に親切であるべきという一点に終着しがちになりますが、ムチャぶりやわがままやおねだりをすれば、女性側も同じことをしていいんだという心持ちになり、関係は深くになっていきます。

17、女性がフラフラとアドリブできる気遣い

ガッチリとスケジュールを固め過ぎない

女性が楽しくなって、心を許して、自発的になった際に、アドリブを楽しめるような余白をきちんと作っておきましょう。移動中に、立ち寄りたい店があったら、立ち寄って楽しむなど、スケジュールがズレることにストレスを感じないような心構えが大事になります。

18、してもらったことは喜ぶ気遣い

自然に大きく喜べば、相手も嬉しくなる

喜びというのは、その感情を豊かに表現するだけで、大きな気遣いとなります。女性が誠意を持って行ったことは、心から喜びを表現して下さい。

19、今度やりたいことを聞いて展開を自然にする気遣い

伏線を用意して、次のお誘いを放り込むことで、女性は脈の有無を提示しやすくなる

会っている最中に、女性が今度行きたいところ、やりたいことなどを聞いてみましょう。一緒に居て女性があなたに何かしらの魅力を感じていれば、女性が次に行きたいところに一緒に行ったり、やりたいことを一緒にやるようなデートの誘いは受け入れてくれます。

次への展開に対して、きちんと誘って、白黒をはっきりつけられるので、粘着性もなく、女性にとって親切な対応になります。

20、プラン以外のことを即プラン立てる臨機応変な気遣い

その場、その場で自信を持って新しく対応するだけで魅力的に映る

行こうとしていたところが急に休みになったり、面白いイベントが偶然やっていたり、その都度、臨機応変に対応していくことを気持ちを常に抱きながら、行動している男性は、とても魅力的に映ります。

もっと、何かできないだろうか、そこにワクワクしながら、女性と絡んでいくことで、女性も男性の気持ちに釣られて楽しい気持ちになっていきます。

最後に:気遣いを乗り越えられる男性になれば、爆モテします

たいていモテない男性からの相談は、「えっ、それやればいいのに、なんでやらないの?」「てか、普通に聞けばいいやん!」みたいな気遣い不足から来る、リサーチ不足やアプローチ不足が原因なことが非常に多いです。

なぜなら、気を使っても、それを実践する心の余裕がないんです。自分の心が自分のことで占有されていて、相手への余白がないんです。実際にやってみて、自分がどう思われるのかが気になり過ぎてるんです。

まぁ、ある意味、モテない男性は、自分のことばかりに気を使っています。この気遣いを高いマインドであることが、マジで爆モテに繋がります。気遣いを面倒や億劫と思っている男性は果敢に気遣いに挑んで下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

Thanks for your reading!