洋楽は【観る】だけでモテるようになる原理について

恋愛自己啓発

洋楽は聴かずに【観て】モテパワーを吸収しろ

なぜ、洋楽を観れば、モテるようになるのか

くだらない言説と思われるかもしれませんが、実際に超モテ男術のメンバーが感じたのが、

洋楽は観るとモテる

というものです。というのも、超モテ男術のとあるメンバーが、洋楽聴かず嫌いの根っからの邦楽好きだったんです。フォーク、ニューミュージック、ポップス、アイドルソング、テクノポップなど、世代やジャンルを問わず聴いていたんです。

ずっと新しい邦楽を吸収していなくて、適当に数十枚借りたんですが、アタリがなし。そして、とうとう洋楽に手を出すことになります。

その時に、出会ったのがブルーノ・マーズ。Mark Ronsonの「Uptown Funk ft. Bruno Mars」はCM等で耳にしたことはあったんですが、そんなに好きという感じもありませんでした。

知り合いがブルーノ・マーズの『Treasure』をカバーしてYouTubeにアップしていて、何度か聴いていたので、馴染みがあり、本家の『Treasure』をYouTubeで観てみようとなりました。

すると、

一つ一つの所作が突き抜けている

まず、感じたのはコレです。洋楽は聴くもんじゃなく、観るものだなと。洋楽って聴くだけだと、英語も知らないんで、歌は上手いけど、聞き心地が勝って、凄味をそんなに感じていなかったんです。

映像で見ると、動き、表情、目線、オーラ、周囲とのやり取り、そういった一つ一つの所作が完全にモテ男。その場その場で楽しめる物を、根っから楽しもうというようなブルーノ・マーズの空気感は、好感と愛着を持つことができ、それでいて、カッコいい。

そりゃあ、日本の男性は世界一モテないと揶揄されるよな

というようにすら思えました。超モテ男術のメンバーは、基本、演技モードでモテるタイプで、根は出不精なヤツらばかりですから、こういう根っからの外向性を見せられると、自分たちもまだまだなと思ってしまいます。

逆を言えば、日本にいる限り、ほとんどの男性がショボいから楽勝だな

的なマインドになるわけです。

【観て】モテパワーを吸収できる洋楽動画とは

観ることでポジティブな感情を得られれば、モテる外向性を吸収できる

動画は削除や再アップロードの関係でURLが変わるかもしれませんので、以下のタイトルをコピペして、観てみて下さい。

Bruno Mars – Treasure [Official Music Video]
Bruno Mars – That’s What I Like [Official Video]
Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars
Mark Ronson & Bruno Mars Perform ‘Uptown Funk’
Beyoncé & Bruno Mars Crash the Pepsi Super Bowl 50 Halftime Show | NFL

歌唱力やダンスのウマさということではなく、前述したように、動き、表情、目線、オーラ、周囲とのやり取りに注目して、観てみると良いでしょう。

超モテ男術のメンバーは、ブルーノ・マーズを観る度に、まだまだ男性として自分もガンガンアゲていけるし、フツメンたちをガンガン突き放せると思いますし、そういうマインドが、現場での自分の雰囲気にさらに良い影響を与えて、実際にモテまくっています。

筋トレすると、オーラ的にも良い影響を与えるのと同じで、洋楽を観れば観るほど、モテる方向にシフトするように思えてなりません。

超モテ男術のメンバーで、一人で会社をやっている経営者がいて、その男性は、東京でガンガンいろんな企業とやり取りしてきて、福岡の博多駅帰ってくると、「福岡のすべてが楽勝に思える」とよく言いますが、似たような事かもしれません。

今回の手法は、すべての男性に当てはまるものとは断言できませんが、超モテ男術的の独断でおススメしています。

突き抜けた男性的所作を持つ洋楽のアーティストのパフォーマンスを目に飛び込ませてみて下さい。そして、彼らに衝撃受けたり、嬉しくなったり、楽しさを感じたり、憧れたりする気持ちになれれば、モテる外向性を得られるはずです。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!