【取引先の恋愛術】 取引先の女性と付き合う方法

社内恋愛・社会人恋愛

取引先の女性を好きになった時の注意点

1回目の誘いで確実にプライベート空間へ連れ出すことが大事

取引先の女性と打ち解けて、付き合うために大事なのは、「一発目のプライベート空間へ連れ出すこと」です。これが出来れば、1回目の食事やお茶で関係を深めることができれば、2回目以降は、いたって普通の恋愛になります。

・取引先の受付嬢
・取引先の打ち合わせの相手
・取引先のディレクター
・取引先の営業担当

など、自分や女性の立場、自社や取引先の社風によって、仕事中に取れるコミュニケーションの質と量は変わってきますよね。そして、取引先の女性を好きになった時の注意点は…

・徹底的に警戒心を外すこと
・自然に出会えるきっかけを見出すこと
・取引相手としてコミュニケーションを深めること

の3つになります。この3つ土台となって、取引先の女性との恋が発展しやすくなるかどうかが決まります。最初から「●●さん、今度、一緒に食事でもどうですか?」みたいなアプローチは、基本的にNGです。サラッと、いきなり食事やお茶に誘える関係性であれば、そのアプローチも成功しますが、とにかく1発目のお誘いは、100%安全だと分かるお誘いで、たとえ、断られたとしても、次に可能性を残す必要があります。

しつこく「彼氏いないなら、デートとかどうですか?」みたいな絡みをすると、あなたに魅力を感じていなければ、一気に警戒心を増幅させます。SNSもある時代ですから、攻撃的アプローチで、スクショされて、取引先の上司にバレちゃうなんてことがあったら、仕事にも支障が出ます。

取引先の気になる人へのアプローチ方法

取引先の女性と絡みを増やせるアプローチ術

取引先の女性とのアプローチで、一番男性が困るのが、「接触回数を増やせない」ということだと思います。打ち合わせの前後で、アイドリングトークや雑談をする時間があるケースは、その中で、その女性の好きなことややりたいこと、ランチタイムなどの様子などを聞いて、自然なきっかけを掴んでいけば良いでしょう。

ただし、どんな場合でも、まずは、その女性がフェイスブックなどのSNSを行っていないか、調べてみて下さい。もしかしたら、共通の友達がいるかもしれません。その場合は、かなり好都合です。フェイスブックをやっている場合は、友達申請と同時に、

「●●さん!いつも仕事でお世話になっている○○です!友達かも!?の欄に出ていたんので、申請させて頂きました!」

と、メッセージを加えましょう。そして、過去の投稿内容で質問を見出して、付け加えて下さい。

「ちらっと投稿も拝見させていただきました!スイーツ結構好きそうですね(笑)●●さんの会社の近くにある○○ってケーキ屋ご存知ですか?あそこもおススメです!話逸れましたが、今後ともよろしくお願いします!」

みたいな感じです。ここの会話の踏み込める範囲は、いかに普段の仕事での会話で関係を構築できているかで、深くても大丈夫なのか、浅く留めるべきなのかが、変わってきます。

SNSで繋がることができれば、直接メールアドレスやLINEを聞かずに、やり取りが可能になり、1回プライベートで会ってから、連絡先交換という流れを取ることができます。

取引先の女性との恋愛のきっかけを作る会話術

自然に女性を誘える地雷を仕掛けていく

では、次は、普段取引先の女性と会っている場合に、女性と自然に出会えるきっかけを作るための会話のテクニックをピックアップしたいと思います。

「ランチタイムって外で自由に食べれたりするんですか?」

この質問で、ラインタイムの過ごし方から、夕方や夜のご飯の食べ方まで、話を展開できます。「そうなんですね!じゃあ、良かったら、今度、お昼おごるんで、一緒に行きましょう!」みたいな感じの流れに持っていくことができます。

「この近くのご飯屋でおススメとかありますか?」

取引先の会社によく行く男性は使えますよね。取引先の女性が自社にくる場合は、「この近くにおススメの□□っていう超美味しい定食屋があるんですが、この後、お昼どうですか?」という誘い方もできますね。

「この辺におススメの□□って美味しい店あって、めっちゃ美味しんですが、あいにく、男一人じゃ入りにくいんで、●●さんにご馳走するんで、一緒に行ってもらえませんか?」

ちょっと回りくどい感じもありますが、意外と使えます。関係が浅かったら、「ご馳走」がメリットにはならず、断る理由として強く押し出されますし、奢られることで仮を作りたくないという気持ちにさせますので、注意しましょう。

「●●さんって、○○に詳しかったですよね?ちょっと、今度、個人的に教えてもらっていいですか?」

お互いが過去に、趣味趣向・長所・短所・願望などを語り合い、それらの情報を共有しているからこそ、成立します。好きな歌手が一致している場合は、レンタル屋に置いていない特典のあるライブDVDの貸し借りなどが、自然なやり取りとして成立します。

「じゃあ、これ、自分の個人の連絡先なんで、LINEでもメールでもいいんで、登録したら、●●さんって分かるように一言何か送っておいて下さい」

そういって、連絡先を渡すのがスムーズです。その際に、個人用のSNSやプライベートの電話番号やメールアドレスが乗った名刺を渡すと、自然です。女性に、「個人用の名刺とかあるんですか?」なんて聞かれたら、異業種交流会で、フリーランスの人仲良くなった時に渡す用の名刺を作っているんです的な答えを言っておけば、女性も不振がりません。

「そういえば、こないだ野球観戦のチケットもらったんですが、●●さん野球好きなら、プレゼントしますが、どうですか?」

みたいに、プレゼントを介して、いったん、会社の外で渡し、「せっかくなんで、少しお茶していきません?」みたいな流れもありです。

「そういえば、今度、こういうイベントをみんなでするんですが、●●さんも友達連れて良かったら、来ませんか?」

みたいな複数で集まれるイベントへ導き出すのも手です。自然にいろんな会話をしていて、仕事も含めたコミュニケーションで打ち解けていれば、自然に様々なあアプローチを見出すことができます。

悲報:取引先の脈ありサインなどはありません

取引先での恋愛の脈ありは、取引先の女性の友達から聞き出せ

取引先の女性の脈ありサインは簡単に知り得ることができません。

本来、その女性が脈アリかどうかを断定するには、女性の本音を引き出し、過去の恋愛遍歴、現在の価値観、未来の展望などを聞き出し、その女性の男性的魅力をどれだけ刷り込めているかを精査し、現在の価値観や未来の展望を踏まえたうえで、過去の男性のような順を追える状態か、もしくは、既に追っているのかを、分析する必要があります。情報が少ない段階では、脈ありのサインを見極めることは難しいんです。

ただし、取引先の女性の友達と仲良くなり、その友達を味方に付ければ、現在、脈ありなのか、どうかが明確になっていきます。そういった意味でも、男女複数で集まれるイベントに誘い出し、取引先の好きになっている女性だけでなく、その女性が連れてきた友達とも仲良くなるのは、より取引先の女性との恋愛を成就させるためには、良い方法だと言えます。

自然にサクッと、警戒されずに、短時間でいろんなことを引き出し、ぶったけトークなども入れていける男性は、取引先の女性を誘い出すことができます。逆に、取引先の女性と定期的に確実に顔を合わせる機会があるのであれば、そこまで焦る必要はなく、共通項を増やして、深く掘り下げる作業に注力すると、ある日、突然、誘えるネタが見つかったりしますし、自分の男友達や女友達が、取引先の女性の得意ジャンルについて、相談をしたかったり、習いたかったりすれば、ごく自然にプライベート空間へ連れ出すことができます。

恋愛のきっかけは、最初から恋愛染みたお誘いである必要なないんです。それよりも、取引先の女性との恋愛は、自然なやり取りで、その女性の心の深みにダイブできるかが、勝負所です。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!