恋愛に活かせる<男と女の違い>8選

女の特徴・生態

7004-01

男と女は根本的に何が違うのか?

男女の差を知ることで、恋愛に大いに活かせる

男性脳で女性を切り取ると、女性のことがなかなか理解できなかったり、予測がハズレまくって恋愛関係にぜんぜん発展しないなんてことになります。男女の差をそもそも知っていれば、その差が恋愛のズレを解消してくれます。

恋愛において、そもそも悩まなくてもいいことに悩んでいるケースは非常に多いんです。

恋愛に活かせる男女の違いは、以下の8つを押さえておきましょう。

<恋愛に活かせる男女の違い>

会話量:男は1万2000語/日、女は2万4000語/日
表現・思考:男は理論的、女は感情的
行動:男はシングルタスク、女はマルチタスク
嗜好:男は好きなものを集めたい、女はきれいなモノに囲まれたい
苦手:男は挫折と力不足を嫌い、女は孤独と不安が嫌い
欲求:男は認められたい、女は共感されたい
人間関係:男は上下関係、女は並列関係
興味・感心:男は競争と物、女性は人付き合いとドラマ

そもそも女性は喋りたがりな生き物で、感情的で、複数の仕事を同時にこなす時は男性よりも社会で力を発揮し、美の中で囲まれることを好み、孤独と不安を避けたいと思い、共感を欲求の源に置き、人間関係は並列関係、人付き合いとドラマに興味を抱きやすい生き物。

女子会や井戸端会議で人間関係について感情的にお喋りする理由も分かりますよね。男の思考では、何も生み出さないような無駄なトークに見えますが、女性は生き物として、ごく当たり前に自分の欲求を満たしているだけなんです。

最近はSNSで男女の思考の差が明確に表れるため、その違いを感じやすく、嫌悪感も抱きやすくなっています。異性にモテたいのなら、自信の欲求をSNSで満たすのではなく、異性が好む投稿を同性に嫌われないように投稿することが最大のコツになります。

男と女の違い1、<会話量>男は1万2000語/日、女は2万4000語/日

7004-02

喋りが多くなる女性は必然的に陰湿になる

男性よりも女性の方が1日に2倍の言葉を発します。喋る量の違いは幼児の頃から男女に違いがあります。喧嘩1つを見ても、男の子は言葉で解決せずに、手や足を出します。女の子の場合は、喧嘩は言葉の攻撃になります。

小学生でも「先生!○○君が●●してます!」的な言葉で念押しするチクりを入れているイメージがありますよね。女の陰口が酷いのも、そもそも、喋りの数が多いため、見えない部分での喋りも相対的に増えてしまうからです。

男と女の違い2、<表現・思考>:男は理論的、女は感情的

7004-03

感情的な女性は、その感情が良い方向へ向かえば、内容は気にしない傾向にある

男性は理論的な会話を好みます。理に適っていることを好むため、女性の相談に対しても、自然に理に適った返しをすることがベストだと感じがちです。女性が相談を打ち明けて来た時は、女性脳を意識して、慎重なやり取りを心掛けなければ、良き相談役になれません。

女性は感情的なので、その感情が良い方向へ向かえば、良いわけです。感情を処理するだけで大変な時に、理解するのが難しいアドバイスだったり、自己否定に追いやられる説教などは、求めていません。

男と女の違い3、<行動>:男はシングルタスク、女はマルチタスク

7004-04

男性がやりたいこと一点に集中できるようにサポートできる女性はモテる

男性は1点集中型、女性は様々なことを同時に処理するのが上手な傾向にあります。男性が本当に集中したいことがあって、でも、ほかにも大変な事がある場合、それらの大変な要素を救ってあげられる女性はめちゃくちゃモテます。これが真の意味で男性を支えるということでもあります。

女性はマルチタスクをなんなくこなせるので、男性はシングルタスクの視点で女性へ話をすると、良い影響を与えられない可能性があります。

男と女の違い4、<嗜好>:男は好きなものを集めたい、女はきれいなモノに囲まれたい

7004-05

女性は「かわいい!」と連呼できるような環境を好む

男性はそもそもコレクター癖があり、加えて、幼少時代の満たされない欲求が強いまま大人になると、過剰なコレクター癖を発揮したりします。それが変態的な要素になると、女子高生の制服や体操服を集めちゃう男性なんてのが出てくるわけです。

女性は美しいものに囲まれたい欲求があるため、「かわいいー」と言いたくなるようなものを好みます。女性の美的に好きなものを聞き出して、女性の琴線に触れるものがたくさんある場所へ連れて行くと、女性は高い満足度を感じてくれます。

男と女の違い5、<苦手>:男は挫折と力不足を嫌い、女は孤独と不安が嫌い

7004-06

女性の不安や孤独を適度に煽りながら、魅力を刷り込めば、女性は落としやすくなる

男性が一番苦手なのは、力不足を痛感すること。そもそも、男性は女性よりも力があり、力という要素に自身の存在価値を見出しているため、拳と拳の力関係に限らず、どんな場面でも、力不足を痛感することが苦手です。女性は男性の力を褒めてあげれば、気持ちよくなるということです。

一方、女性は孤独と不安を嫌います。即日お持ち帰りしやすい女性は、その日の孤独と不安を極端に嫌っているんです。なので、ある程度のハードルを越えた男性なら、誰でも良いと感じている可能性があり、その女性の感情にいち早く気付いた男性が簡単に女性をゲットすることになります。

自分の魅力を女性に刷り込みながら、女性から、その女性の友達で彼氏や旦那と幸せに過ごしているエピソードを聞き出したりすると、自然に孤独や不安を煽ることができます。

男と女の違い6、<欲求>:男は認められたい、女は共感されたい

7004-07

プライドに生きる男と安心感を求める女

女性の苦手は、孤独と不安ですから、孤独と不安が一番解消されるのが共感で、女性が共感を欲求とするのはごく自然なことです。共感とは「共に感じる」ことですから、女性の価値観を知り、その女性の価値観に納得して、同調してあげることが非常に大事になります。共通点が多く、その共通点を深く掘り下げ、共感することができれば、男性がモテるのも分かりますよね。

男性は自尊心をくすぐられると非常に弱いです。女性から見れば、「なんであんな単純なことをしている女がモテるの?男って単純で馬鹿!」みたいに思うかもしれません。単純に男性を褒める女性がモテるのは、そもそもの男性の欲求を満たしてくれる女性で、男にとっては願ったりな存在だからです。魔性の女が意識的に自尊心をくすぐっていると分かっていても、そのサービス精神を男性は肯定します。だから、キャバクラのようなサービスが成立するんです。

男と女の違い7、<人間関係>:男は上下関係、女は並列関係

7004-08

男性は女に対して何でも上下で物事を捉えてはいけない

男性は上下関係で物事を捉えがちです。なので、自分がスゴいということをアピールして、上に立てば、モテると勘違いして、アピールがイヤらしくなり、女性に嫌われるデキる経営者男性もいます。経営者としては凄いかもしれないけど、その実績と、今女性と過ごしている場はまったく関係ありません。

どんな時も並列な関係を保ち、女性に共感してあげながら、自分の凄さをサクッと示した方が、女性は本当にスゴいと思ってくれます。

男と女の違い8、<興味・感心>:男は競争と物、女性は人付き合いとドラマ

女性には人間関係の話を聞けば、間が持ちます

男性は競争と物に興味があります。競争で言えば、スポーツに興味を持つ男性は多いですよね。なので、男性が関心のあるスポーツの話をするときは、競争の視点を入れると良いです。今の順位だったり、優勝予測だったり、個人成績だったり、そんな話についていくことができる女性はモテるはずです。

逆に、女性は、人付き合いとドラマが好きなので、その女性の人付き合いについて、その女性だけでなく、女性との付き合いに関わる人物について興味を持つと、非常に話が盛り上がります。

最後に:男女の違いだけでなく、自分との違いも見極められるようになれば、異性との関係はかなり上手くいく

7004-09

どんな男女も性的なグラデーションがある

以上、恋愛に活かせる男と女の違いについて解説してきました。異性にモテたければ、異性の特徴を理解し、異性に合わせて動くことが大事になります。

そして、ポイントは、上記が男女の違いについて、どんな男女もグラデーションがあるということ。

例えば、肉食女子は、男性的思考や特徴が強い女性と言えます。なので、肉食女子はガツガツ来る印象があり、男をガツガツと厳しく見定めていると思う男性も多いかもしれません。ただし、男性の好みや過去の恋愛遍歴やお持ち帰り歴などを聞いていくと、とにかく男性を求めている落としやすい女性である可能性もあるんです。本人は強気で良い男しかダメみたいなことを言っているかもしれませんが、実はめちゃくちゃ落としやすい。

こんな風に男女の違いだけでなく、本人の過ごしてきた環境だったり、やってきた恋愛の仕方だったり、今の状況や価値観、未来へ向けての展望などを絡めれば、その女性の取り扱い説明書は簡単に出来上がります。

ぜひ、男女の違いを意識しながら、自分との違い、知り合いとの違いなど、多角的に相手を見定められるようなり、良い関係を築いていって下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

Thanks for your reading!