ふざけるな!5歳以上年上の女性に「冷やかしじゃなく、本気の告白なんだね!」と胸キュンさせる告白9パターン

スゴレン批判

そもそも告白までのフローが間違っている

年上女性とか関係ない!

今回はスゴレンの『5歳以上年上の女性に「冷やかしじゃなく、本気の告白なんだね!」と胸キュンさせる告白9パターン』を取り上げていきます。

タイトルが長いですね。

でも、結論から言うと、告白をどう変えたからって結果は変わりませんよ。
告白は確認ですから。

お互いが好きならば成功するし、嫌いなら失敗します。
付き合いたい感情がどこかしらにあるのなら、それを告白によって、確認したというだけのことですから。

告白だけで一気に何かが変わるということでありません。

まぁ、まずはスゴレンのノウハウから見ていきましょう。

【1】年齢のことには触れずに素直に気持ちを伝える
【2】自分や年上女性の友達の前で「本気です」と伝える
【3】年の差を理由に断られても「気持ちが伝わるまで何年でもそばにいます」と伝える
【4】「結婚を前提にお付き合いしたい」と伝える
【5】「守ってあげたくなるんです」と年下でも包容力があることを伝える
【6】「昔から年上女性にしか惹かれない」と恋愛遍歴を伝える
【7】「返事は今すぐじゃなくていいので、俺の態度を見て判断して」と伝える
【8】敬語を使わず、多少強引でも「好きだから」と自分の言葉で伝える
【9】「俺は年下だけど一生懸命リードします」と甘える気がないことを伝える

どうでしょうか?

確かに聞き心地は良さそうですね。

でも、こういう告白って正解ないんですよ。

一番の正解は、その女性の価値観に合わせた内容とテンションで行うことなんですから。

例えば、【1】の「年齢のことには触れずに素直に気持ちを伝える」っていうこと。
でも、女性によっては、「年齢のこと触れてよ!」って思う人いると思いますよ。

【5】の「「守ってあげたくなるんです」と年下でも包容力があることを伝える」ってのも、これは告白でやるべきことじゃないんです。
告白の言葉と以前の行動が一致しなかったら、説得力がないんですよ。

包容力があることは、デートの時点で、行動をもって証明していかなければなりません。

でなければ、告白がドラマチックに彩られません。
女性からしてみれば「はぁ?」って感じになるんですよ。

年上女性と年下男性との垣根はなくなっている

そもそも、今の時代に5歳以上離れたって、あまり問題ないような気がします。

逆に、女性の方が気にしているのならば、最初からケアしていくべきですね。

女性が気にしていないのならば、ヘタに話題にすると、いろいろ考えさせるキッカケになります。

年齢とはあくまで一要素です。
一要素だけで、恋愛を判断することはナンセンスです。

ミクロな要素一つ一つをチェックして、それがすべて完璧じゃないとダメならば、恋人作るの相当難しくなりますよ。

だって、その分、あなたもミクロな点がすべて完璧でなければ、女性からツッコまれますから。

まぁ、告白までにどう対処していくが大切ですね。

それは外見の課題だったり、ファッションだったり、性格だったり、すべてそうですよ。

年齢に限ったことじゃありません。

女性が性格に対して、あなたに問題を感じれば、それを直すことで、あなたの評価は積み上がりますが、性格を短期間で変えるのはつらいですよ。

性格を変えずに楽しくやるここと、性格を変えてまで女性と付き合うこと、天秤に掛けてみればいいんです。

そうやって、自由に真剣に恋愛していればいいんですよ。

ということで、今日は以上です。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!