あなたが落としたいと思っている相手は「男性」ではなく『女性』であるという事実

モテる方法

あなたが落としたいと思っている相手は「男性」ではなく『女性』なんです。

あなたが落としたいと思っている相手は「男性」ではなく『女性』

『女性』をモノにする為には、まず根本的に女性はどのような考えをして、どのような感じ方をするのかを理解することによってあなたは、「女性」の「良き理解者」となります。

なので、あなたが、「女性を理解した行動」を実行することができれば、必然的に女性の『信頼』また『信用』を勝ち取ることができるのです。

「この人は、他の誰よりも私を理解してくれている」

ここまでくればあなたは相手の女性にとって、無くてはならない存在になるのです。

街中で有名な占い師に自分の人生を診てもらい、その言葉に身を委ねるのもその為です。
占い師、宗教家が未だにご飯を食べられるという事実、お布施という莫大な金額を貢いで貰えるのも理解者として、様々なことを語ってくれたり、寄り添ってくれたりしている対価として、女性が納得しているからなんですね。

オセロの中島知子が、占い師にマインドコントロールされているっていうのが一時期話題になりましたが、女性というのは、そういった「理解」を、恋を通して、男性に求める生き物なのです。

男が何かを欲するということとニュアンスが違いますし、孤独に感情もニュアンスが違います。

なので、自分自身の感覚を一旦外した女体で、女性側の感覚に立って分析するという、言ってみれば「感覚」=「センス」ですから、まさに、女性側の感覚に立てることそのものが「恋愛のセンス」と言えるんです。

代表的な感覚は、女性は異性への「警戒心・不信感・不安感」といったものを男性の何倍も持ってるということ

代表的な感覚は、女性は異性への「警戒心・不信感・不安感」といったものを男性の何倍も持ってるということ

男性的には…

・取りあえず来ればいいのに…
・飯食うだけなのに…
・やましいことなんにもないのに…
・ちょっと迫っただけなのに…
・正直に好きに言ったのに…

って思ってることも、女性から思えば「相当な恐怖」だということは、しばしばあるんです。
いいですか、しばしば起こるんですよ。あなたが思っている以上に、あなたは怖がられています。

それは、最初のアイドリングが足りていないだけなんですが、このアイドリングを正しく理解してないと…

・イケイケで攻めてるのに断れる
・話上手なのに、なかなかデートにこじりつけられない
・下ネタを話した後に、嫌われてしまう
・ちょっと迫ったあとに連絡がなくなってしまう
・正直に好きと言った後に、ストーカー扱いされる

なんてことになります。

でも、考えて下さい。

イケイケで話すことも、デートをすることも、下ネタを話すことも、女性に迫ることも、正直に好きということも、彼氏と彼女という恋人の間柄なら普通にやることです。

要は、アイドリングを知らずに、アイドリングをせずに、「警戒心・不信感・不安感」がある状態でアクションに出るからダメなんです。

どのような口説き方の場合にもまず「警戒心・不信感・不安感」を取り除かない事には、事は先に進みません。
実はそれが、女性の性行動にも結びついてくるのです。

ってことで、自分自身の感覚を一旦外した女体で、女性側の感覚に立って分析して磨かれる感覚、女性側の感覚に立てる感覚が、あなたの「恋愛のセンス」になってきます。

ぜひ、実践して下さいね!

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!