美人に緊張する男性の心理と美人に緊張しなくなる方法

モテる男の精神論・心構え・マインド

なぜ、美人を目の前にすると緊張するのか?

逆になぜブスだと緊張しないのか?

話し相手が美人になればなるほど緊張し、本領発揮できない非モテ男性は割といますよね。美人に緊張する男性の心理は、

女性の美を過大な価値を感じ、自分の無価値感が煽られ、緊張してしまう

という心理です。綺麗な女性に心がときめき仲良くなりたいと思いながらがも、無価値観・劣等感を与えた相手としてどこかしら敵対している気持ちが潜んでいるんです。だから、美人に苦手意識が芽生えて、本当はもっと心を通わせたいのに、ぜんぜん打ち解けられないんです。

逆にブスの場合は、

ブスの美は無価値だと思い、自分の無価値感を相殺させて、安心し切っている

という心理が働きます。「美人過ぎて自分の無価値感が凄い」や「ブスって女性としてやっぱ無価値」みたいな明確な感情が表出しなくても、ほんのりと瞬時にそうした判断が無意識的に働いて、行動が制御されるわけです。

美人に緊張しなくなる方法

どんな美人が来ても緊張せずに好意を抱かせるマインド術

美人が苦手な原因が「無価値感」の表出でしたね。なので、美人に緊張しなくなるには、

自分が本気で納得する価値をどんどん付加していくこと

これに尽きます。自己肯定感、自尊心、自己効力感、余裕、気遣い、気安さ、積極性、いろいろモテる要素がありますが、これって、ぜーんぶ、「自分が自分で納得できる価値の質と量」に由来します。

恋愛のテクニックやリテラシーも、すべてはより高い価値を自分に感じ、自分が与えられた環境で高いパフォーマンスを発揮するためのものです。

不慣れを克服して慣れれば、「慣れている自分」に高い価値を感じます。知らないから怖いというのも、知っていくことで、「知っている自分」に高い価値を感じます。自分が納得する価値を付加していけば、美人に緊張なんてしなくなります。

そして、美人がよりあなたに最初から良い対応をしてくれるようにもなります。

美人とは一つの魅力が素敵なだけということを心に刻もう

人間の魅力は多彩に表現できる

美人だってもしかしたら、自分が美人だってことを煩わしいとすら思っているかもしれません。美というのは、視覚がある限り放ってしまうものです。美人に美を褒めても意味がないとされるケースでは、美人は自分の美に対する承認欲求がありません。

そして、性格の良い美人は、美と言うのは単なる魅力と感じています。逆に、美というのは棚から牡丹餅、自分で築いたものではないと思っていることもあります。美を保つにも、美を磨くにも、お金も時間も掛かりますが、美人の美に対する感覚は人それぞれです。

だから、魅力は相対的に見てあげて下さい。美人と付き合いたいと強く思い過ぎている非モテは、美に視点が行き過ぎて、女性の見た目をほめ過ぎたり、見た目の話ばっかりしちゃいがちです。

もっと広く深く女性を理解できるような話をしていき、自己開示を促しながら取り組んでみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!