「女慣れしてない男性が好き」の真意は「ピュアスマートな男も良い」

モテる方法

「女慣れしていない男性が好き」と言ってるのに、女慣れしていない男を気持ち悪がるという現実

女慣れしていない男性は実際に女性にどのように見られているのか?

女性の中には「やっぱり遊び過ぎている男性よりも、女慣れしていない男性がいい」なんて意見を言ったりしますし、実際に、超モテ術のメンバーも、多くの女性とのヒアリングでこのような言い回しはよく耳にします。

しかしながら、言ってる女性がその言葉の持つ意味と自分が感じてる本質を間違っていることがほとんどです。

女慣れしていない男性は、女性へのパフォーマンスが圧倒的に下がってしまうため、キモいことも多く引き起ってしまいます。実際に、女慣れしていない男性はキモいと思われますからね。

つまり、女性が示す「遊び過ぎている男性よりも、女慣れしていない男性がいい」の真意は、

<女慣れしていない男性を好む女性の真意>
・経験値=女性経験が少ない
・行動力=女性をきちんと取り扱える

ということになります。要は、実体験は少ないけど、一緒にいると、女性として女慣れてしている男性のように振る舞える男性のことで、そんな男性って滅多にいないわけです。

だから、外見が割とフツーで、コミュ力も高くて、話が盛り上がって、「俺、女慣れしてないんだ…」と言って、「でも、そういう男性がいい!」なんて女性はテンションが上がり、二人きりのデートになると、女を楽しませるほどにすら慣れていないため、「やっぱり、恋愛対象としてはナシかなー」なんて結果になるわけです。

女性に慣れしていることは恋愛では良い効果しか生み出さない

チャラいと女慣れはまったく意味が違う

女性慣れしている男性は、女性経験が豊富であり、「チャラい」という特徴をイメージさせますが、「女に慣れている」ってことはまったくもって悪ではありません。

「チャラい」ってのは、女性慣れを乱用した結果で、女慣れてしたことを、女性の幸せのために生かしまくっている男性もいるわけです。逆に、

「俺、確かにモテるけど、女慣れっていうか、女性の相談に乗ったり、ショッピング好きだから、一緒に買い物付き合って服選んだりしたりしたら、自然と慣れていたっていうか、そんな感じかな」

みたいないい方もできるわけです。

めちゃくちゃチャラかったとしても、「この男性と居ると、めっちゃくちゃ幸せになれそう」というイメージを抱ければ、めちゃくちゃモテます。美人だけどぜんぜん狙っていなかったんで、その女の子に「めちゃくちゃ女性と遊んでいる話」をして、その女性からはチャラいと思われていたのに、実際にはフツーにワインナイトラブしてしまうということもあります。まぁ、美人だとしても、性への関心だったり、恋愛における自己承認欲だったりが違うんで、落としやすい女性は、真面目だったとしても、チャラ男が導く他の男性より素敵な幸せな時間へフツーにダイブしていくんです。

女性慣れしていないという特徴は、長所が際立たなければ、ただのサゲポイントにしかならない

女性は誰だっていい男と付き合いたい

女慣れしていないことが称えられるということは、女性が自分でお得感を覚えているからです。

・こんなに素敵なのに、女慣れしていない
・私と価値観が合うのに、女慣れしていない
・みんなに人気なのに、女慣れしていない
・他の男性よりも居心地がいいのに、女慣れしていない

みたいな感じです。つまり、「女慣れしていない」という要素が、他の要素とのギャップになっているわけです。

それはある意味、「女慣れしていない」というのが、女性の精神安定剤だったり、女性の妄想をさらに掻き立てる覚せい剤だったりするわけです。

女性は女慣れしていない男性を「ピュアスマートな男」に仕立て上げたがっている

ピュアでスマートかつ魅力があれば、女慣れしていなくてもモテる

好きな人には自分だけを真剣に見つめて欲しい。女慣れしていない男性は、ピュアそう。私だけを見てくれそう。

だから、「女慣れしていない」と聞くと反射的に良いイメージが湧いちゃうんです。

それでいて、パフォーマンスがスマートな男と変わらなかったら、新築の優良物件見つけたみたいな感じになるわけです。それでいて、自分もその男性ならイケそうなイメージが湧いたりと、先ほども言ったように、女性が良い解釈を楽しめるポイントが多くあるわけです。

なので、ピュアでスマートな印象のある男性は、恋愛経験の少なさを話題にすれば、ギャップになったり、女性が類似性を感じたりして、モテる方向へ繋がっていきます。

じゃあ、女に慣れてるって本質的にはどんなこと?

それは女性の立場で考え、女性のために行動を起こせること

女慣れしていない男性で、魅力もなく、女心が分からず手探りで行動していると、

「うわぁ…この男性、女に慣れてないわー」

みたいなことになり、女性が不快な気持ちになって、警戒心を増幅させるなってよくあるわけです。

女心をくすぐる女に慣れるってことの本質は、「女が嫌がることをしないこと」、まず、これが一番です。

なので、女性から「女心を分かっていない男性との経験」を引き出して、「でも、俺だったら〇〇みたいな感じでするけど、それだと●●ちゃんはどう思う?」みたいなやり取りが、「その対応はすごくいいかも!女心を分かってるね!」という評価を得る流れを生むわけです。

女慣れというのは、女性にビビらずに、口説いたり攻めたりすることではありません。女心を捉えて、行動で示し、女性から「女性としての私を理解してくれている」と思われることです。

だからこそ、女慣れをチャラいと同質に捉える男性は、むしろ、

「うわぁ…この男性、女に慣れてる感が嫌いだわー」

となるわけです。だって、その目の前の女性の心を捉えているのではなく、単に女に心の壁を感じずに突っ走っているだけだからです。

最後に:女慣れとは女に心の壁を作らないという程度に考えればいい

女への不慣れな経験でマインドが非モテにならないように

別に、実体験が少なくて、女の経験値が少なくて、女に不慣れだとしても、のらりくらりモテる男性はたくさんいます。それは、マインドや魅力やパフォーマンスで、不慣れという要素が完全に打ち消されているからです。

不慣れから来る恐怖は、無知から来る物事の余白に由来します。その余白をイメージできないから、どうなるか分からない、予測不能だから怖くなる。

だから、経験は糧になるわけです。経験の少なさをカバーするには、恋愛の本質的な知識、それに、自分で知識や情報をカスタマイズするリテラシーがとっても重要です。

正しい情報に触れ、正しいリテラシーを培っていれば、現場での判断の際に自分を信じ切ることができます。

女に慣れていなくてもいいんです。女に心の壁を作らにように気を付ける程度で、だいぶ変わります。女に慣れていない男性は、知らず知らずのうちに、可愛い女性に壁を作ってるんです。

あっちはどうせ自分のことなんか相手にしてないなんて思いが怒りや嫉妬を生み、気になるにも拘わらず敵対視したりします。だから、壁を作らない程度に接し続けられば、立派な女性慣れです。

あとは、女性のことを深く見てあげられる男になっていけば、女性との関係は、どんどん特別になっていきます。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!