中性的な男性がモテる理由、中性的な男性は両性類である

モテる方法

中性的な男性は両性類である

男らしさを与えながら、女らしく共感する

中性的な男性は、セルフコントロールを上手く行えば、爆モテします。

女性芸能人のスタイリスト、メイクアップアーティスト、振付師などにもオネエが多いですよね。プライドが高く、プライベートな関わり合いにもシビアな彼女たちは、男性だと警戒心、女性だとライバル心が芽生えやすく、オネエが心を開くにはちょうど良い存在になります。

結果、女性芸能人たちは、オネエに安心し、オネエを指名し、オネエがモテるわけです。

このことが恋愛にも当てはまるわけです。

<恋愛で中性的な男性が持っているメリット>
・警戒心を与えにくい
・女性への理解力がある
・女性の分析力がある
・相談役になりやすい
・男らしさを積めば、一気に特別な存在になれる

中性的な男性は、女性との距離感を積めるのが上手なんです。男の感覚と女の感覚をバランスよく持ち合わせるため、女性が本当に興味のある話について、より多彩な感覚で寄り添って、女性を心地よくさせます。

なので、女性からすれば、相談役にうってつけの存在となり得ます。

男らしさを与えながら、女らしく共感する

これが出来れば、中性的な男性はモテます。

中性的な男性は感覚はそのままに、男らしさを磨いていくべし

男らしさが明確なら中性的な男性は爆モテします

中性的な男性でよくあるパターンが、

「俺、この前、女子会誘われてさー、女性9人に男、俺1人だったよー」

という切ない自慢です。で、結局、誰からも恋愛対象と思われてないんです。本当に女性9人からそれぞれに好かれていれば、2人きりで会いたいし、ライバルが増えるような場面に呼びませんよね。

女性が求める男性的魅力が明らかに欠けているんです。ジャケットでスタイリッシュで、筋トレをして肉体的にセクシーで、男性を感じさせるといったような要素がないんです。もしくは、行動や性格が女性の男性に求めるツボを踏襲してないなどが原因になります。

男性的魅力が積めずに、自己開示だけが得意になっても、結局は、愛されキャラで終わります。

めっちゃ不潔でも、自己開示が抜群に上手ければ、楽しくお茶できる存在にはなりますが、そっからが永遠に遠かったりするわけです。

中性的な男性は、最初から打ち解けて「私のことを分かってくれる」という印象を作るのが上手いので、見た目の男らしさをなるべく引き上げると、かなりモテ度は変わると思います。

「よく相談役になるんだけど、そこからモテるなんて経験がない」なんて男性は、恋愛商材で、モテの本質にリーチできれば、一気にモテるようになります。自然に会うまでが既に出来ているんで、会ってから魅力を積む際のズレを恋愛商材で直せば、サクッとモテるようになります。

中性的な男性でまだそんなにモテてないなら、むしろ、朗報です。これから本当に爆モテになる素質がありますからね。ぜひ、今回も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!