「人生にモテ期は3回ある説」は嘘。モテ期が来る方法とは

モテる方法

そもそもモテ期って何?モテ期の定義

モテ期の特徴

モテ期とは、簡潔に言えば、「言い寄られまくる時期」です。言い寄られまくるんですが、より詳細に説明すると、

モテ期とは、自分が好意を含めたポジティブなイメージ持つ異性から、複数同時進行的にモテている状態の時期

と定義することができます。

自分の好きなだと思う女性との出会いが増え、自然に関係が深まったり、モテ期を自分の作為とは関係なしに、異性から積極的なアプローチを受けたりします。

モテ期はなぜ、人生で3回来ると言われているのか?

モテ期3回説の本質

人生のモテが3回というのは、すごく楽観的な恋愛の捉え方かもしれません。以下のデータをご覧下さい。

■これまでの平均交際人数(交際経験がある人/単一回答)
※結婚経験がある方は配偶者も含める
男性(n:2230)
4.5人

■告白した人のうち、OKだった平均人数(独身者のうち交際経験がある人/単一回答)
恋人がいる男性 2.5人(n:186)
恋人がいない男性 1.8(n:480)

『ブライダル 恋愛・婚活・結婚調査 2015』ブライダル総研

これまでの平均交際人数が平均で4.5人。交際した女性が遊びじゃないとして、すべての交際が超絶いい女からのアプローチが成功したり、言い寄られたりしたとして、モテ期は平均4.5回となります。モテる男性が平均を爆上げしていることを考えると、モテ期は、4.5回よりずっと低いと言えます。

また、告白した女性からO.Kをもらった平均は、現在、恋人がいる男性で、やっと2.5人です。

告白を実行したくなる女性がいて、さらにきちんと成功する時期は、他の女性からもモテてる時期だとすれば、現在、恋人がいる男性が2.5回のモテ期を味わっていると言えます。

1.8回~4.5回の恋愛の成功体験の幅の中で、モテ期が集中すると考えると、「モテ期が3回」に語呂を含めて収束されると言えます。

そもそも、ほとんどの男性が人生において毎月、一定の数の出会いを確保しているわけじゃありません。出会いの数に起伏があれば、恋愛のスキルが絶えず変わらない男性は、確率が変動しないため、出会いの数の起伏が、そのままモテ度へと繋がります。

「モテ期が人生で3回」というのは、もう諺みたいなもので、

・人生にモテ期は3回ある
・人生楽あれば苦あり
・人生山あり谷あり

みたいなものだと言えます。

悲報:実はモテ期は3回もありません

現実は、ほとんどの男性がモテ期が0回…

先ほどの統計からモテ期を分析しましたが、一部のモテる男子が平均をぶち上げしていることが容易に考えられますよね。

■ 「モテ期」は人生に3回来ると言いますが、あなたは今までの人生で何回モテ期を経験したと思いますか?
第1位「0回」207人(51.5%)
第2位「1回」119人(29.6%)
第3位「2回」54人(13.4%)
第4位「3回」13人(3.2%)
第5位「4回以上」9人(2.2%)

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年9月
調査人数:大学生男女402人(男性202人、女性200人)

『人生に3回あるという「モテ期」を調査 大学生の半数が経験なし – ライブドアニュース』

35歳から55歳の男性に、モテ期が人生において何回あったか、調査してみました。
Q.今までの人生に、モテ期は何回ありましたか?
・第1位「0回」(29.38%)
・第2位「2回」(26.07%)
・第3位「1回」(17.06%)
・第4位「3回」(13.27%)
・第5位「5回以上」(11.37%)
・第6位「4回」(2.84%)
※有効回答211件、四捨五入の関係で合計が100にならない場合があります。

『『男女でちがう!? 「モテ期」は一生に何回来るの? – Peachy』

はい、ほとんどの男性がモテ期0回です。

モテ期が来る方法

一生モテ期の男性がやっていること

超モテ男術のメンバーがいろんな男性の相談に乗っていますが、ちゃんとモテるようになる男性は、ずっとモテ期を作ることができます。というよりかは、モテ期を出し引きします。なぜなら、モテようと思って動いたらめっちゃ忙しくなるからです。

なので、頑張りたい仕事や熱中したい趣味がある場合は、あえて、女性との絡みを外すんです。

逆に、恋愛の本質を学ばずに、自分の尺度だけでやっている男性は、自然と結果にムラが出て、上手くいく時期と上手くいかない時期があり、その良い方をモテ期と解釈するのかもしれません。

モテ期を自分できちんと作り出したいなら、来る方法は、まず、

【モテ期ファーストステップ】
<出会いの数×初期の好印象構築能力>の値を大きくする

これに尽きます。出会いを増やし、初期で好印象を築くための外見・内面・トーク・知識・エスコートなどができるようになれば、1回目のデートに繋がりやすくなります。いろんな女性といろんなデートの約束が取れ、スケジュールが一気に忙しくなるため、モテを実感するでしょう。

【モテ期セカンドステップ】
<デートの数×女性への幸福体現力>の値を大きくする

そして、女性が1回目のデートで本当に楽しんで、あなたへの感情をより深く感じるようになれば、今後は気軽に会える仲になります。自分からあなたに会いたいと思うぞ性が一気に増えます。関係が深まるにつれて、自然に言い寄られるでしょうが、他の素敵な女性との絡みが多い分、嬉しい悲鳴がこみ上げ、結果、モテ期を感じていきます。

モテ期は人間関係やコミュニティによって大きく変動する

人の変化によるモテの変動説

なぜ、モテ期が生じるのか?恋愛を何も考えずにやっている男性が、恋愛の環境が変わるとすれば、コミュニティと人の環境の変化です。高校生活、大学生活、社会人生活の中で、一番は友人による影響が大きいと言えます。

逆を言えば、独り立ちできていない男性が多いということです。

もっと、逆を言えば、本来はモテる男性ではないが、タッグを組んだ男性によって、モテ期が3回以上創出されることも考えられます。人の出会いは、異性のみならず、同性でもめちゃくちゃ大事になります。

超モテ男術のメンバーも、非モテ相談者と恋活パーティーや相席ラウンジに同行しますが、毎年ある一定の月間に、週3で同行すれば、毎年モテ期を作ってあげることができます(笑)

大人の余裕相関説

大人になればなるほど、モテ期は訪れやすくなる

ORICON STYLEでは、20代、30代の男女を対象に“モテ期”に関するアンケート調査を実施。【実際に感じたことがある】と答えた人は40.6%。その中で、『今までに訪れたモテ期の回数』を聞いてみると、【1回】46.6%、【2回】33.2%と、30代まででは、男女共に“モテ期”が訪れる回数は少なく、限られたチャンスをいかにものにできるかが重要のようだ。

『「人生のうち3回」は嘘!?“モテ期”の定義を検証! | ORICON NEWS』

40代男性1000人へ事前調査したところ、40代でモテ期を経験した人は319人と実に3割。中年というハンディを考えればこの数字は破格だ。

さらに、この40代モテ期は「人生3度目のモテ期」であることが36.7%と最多。1度目・2度目と合計すれば75%を超える。

『「3度目のモテ期」は40代でやってくるって本当か? アンケート調査してみた結果… | 日刊SPA!』

要は大人の男性の男として余裕を積み上げれば、モテ期を意図しなくても、敢えて意図的にも作りやすくなるわけです。

大人の余裕が出てきて男性として女性へ高いパフォーマンスを発揮できる時期に、家族と真摯に向き合い、女性と自然に出会う場へ繰り出さなければ、モテ期スルーとなるでしょう。

逆に、若いうちから大人の男の余裕を身に付けるために、

・恋愛ノウハウを学ぶ
・トーク力を磨く
・外見を洗練させる
・社会的地位を上げる
・給料を上げる
・知識を増やす
・エスコートできる店を増やす
・性格的弱点を克服する

などを、いち早くやっている男性は、75%の男性が40代でやっと訪れるモテ期が前倒しになり、そこから一生モテ期になると言えます。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

Thanks for your reading!