「結婚と社会的信用 ・結婚の社会的メリット」について

婚活・結婚

結婚の社会的メリット

最大公約数ポジティブ・ハローへの効果を得られる

結婚の社会的メリットは、最もありふれている一般層からの社会的信用を得られる可能性が高いということです。

結婚まで到達したということは、一人の女性ときちんと向き合った証でもあります。子供が居て、家庭を支える生活を毎日している男性であれば、さらに「一人じゃない誰かのためにも生きている」ということになります。

ある種、既婚者の方が、会社のことについても、向き合ってくれそうなイメージが湧きそうですよね。

結果的に、社内でも、社外でも、「きちんとした人」というイメージを即座に与えるのが「結婚」なのです。だから、結婚指輪をしていれば、こちらから結婚をしている事実を会話に出さずとも、相手が出会い頭で理解するため、結婚指輪が社会的ステータスなるのです。

第一印象で「結婚している男性」という特徴がポジティブ・ハローへの効果をもたらし、男性の他の特徴や行動や言動も、ポジティブな方へ考えてくれやすくなります。

結婚と出世は関係:独身を出世させないは本当か?

答え:社風やクライアントによりけり

独身だと社会的な信用を得られないかとうとそんなことはありません。独身でも妻子持ちでも関係なく評価する会社はありますし、クライアントとの仕事も結婚している要素が活かされない場合もあります。

逆に、結婚を大いに評価し、独身に対する肩身を狭くする会社というのは、将来性がないんで、辞めて下さい(笑)

複雑高度で多様に高速変化する社会で大事なのは「理解力」。相対的に「独身は自分のことを考えがち」「既婚者はパートナーのことも考える」ので、結局、社会的能力が自然と家庭内で磨かれて既婚者によく軍配が上がります。

独身の男性は、他との関わり合いを磨くことをしたり、他の社会的スキルを磨いて、真摯で理解力がありデキる人間になれば、「結婚」が決定打になることは、そうそうないと言えます。

閉鎖的な価値観やコミュニティの中で、結婚していないことが弊害になっている場合は、そんな会社を余裕で辞めて、自分で食えるぐらいのスキル身に付けた方が良いでしょう。

フリーランスだと、ぶっ飛んだ独身男性結構いますが、会社勤めの方よりもぜんぜん飯食えてます。要は、総合力なんです。単に自分の好きなことに取り組み、仕事に関わる人を喜ばせながら、ちゃんと稼ぐということであれば、結婚は絶対条件になり得ません。

結婚よりも、社会的スキルが低く、転職や独立マインドも持てずに、1つの企業に居続けないと不安になるマインドの方がヤバイと言えます。

最後に:変幻自在に打ち解けられるマインドとスキルを磨いていく

あらゆるリスクを乗り越える対応力を普段から磨くべき

結婚はステータスと言いますが、離婚はのリスクを常にはらんでいて、離婚をすれば、社会的な制裁を喰らいます。

独身だろうが、結婚だろうが、会社員だろうが、独立していようが、すべてにリスクがある時代です。

そこで、大事なのが、どんな変化にも、たいていは溶け込める対応力になります。

視野が広く、1つの情報をどんどん掘り下げられることができ、実際に努力できる男性は、独身でも、きっとうまくいきますし、人に好かれます。まったく別のジャンルの情報にアクセスしても、その情報を今まで培ってきた視野で理解し、努力によって自分の手の内にしていきます。

変化に対して敏感で、リサーチ力に優れ、行動を担保できるようになれば、同性にも異性にも好かれます。既婚者でもサクッと女性から好意を得ることができます。もちろん、パートナーも幸せにできるでしょう。そして、パートナーを幸せにしているという自負が、外見の雰囲気や会話の節々に現れ、さらにモテることになります。

極論、自分と周りにいる人間を幸せにする力を普段から培っていけば、既婚者だろうが、独身だろうが、社会的信用は得られていくのです。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!