【ときめかない病】女性に恋愛でときめかなくなる理由

理想の女性を捕まえる

女性にときめかなくなる理由

女性にときめかない男性には何が起こっているのか?

女性にときめかないのは別に悪いことではありません。でも、相手にときめくことができるというのは、素敵なことです。以下、男性が女性にときめくことができない理由を10個ピックアップしてみました。

<女性にときめかなくなる10の理由>
1、自分のクオリティが低いから
2、余裕と自信のマインドが育ってないから
3、相手の返報性が少ないから
4、集中できる資産を築けていないから
5、マイペースを崩されることがストレスになっている
6、視野が広がりドラマに入り込めなくなるから
7、恋愛よりも傾倒できるものがある
8、出会いが少ないから
9、他に優先すべきものがあるから
10、AVやキャバクラなどの保管機能が充実し過ぎているから

良い反応が得られれば、好意は返報を繰り返しながら、上昇します。いわゆる「ときめく」という心理状態がお互いに起こります。なので、まず、自分が男性として「自己評価」も「他人からの評価」も低いと実感している状態では、ときめきへ誘える機会がぐっと減るわけです。単純に出会いが少ないこともあるでしょう。

自分に余裕や自信が全くなく、人と深く過ごす時に、ストレスだけがいち早く駆け抜けたり、マイペースを崩されることが嫌いだったりすると、ときめく手前でいろんなことが終了してしまいます。

また、現在は、様々なモノやコトで溢れています。それに伴って価値観も多様化し、お互いの心境や状況が可視化されやすい環境になったため、他人に対してのズレが強く実感されやすく、相対的に女性にときめかなくなる時代とも言えます。

多忙だったり、他に打ち込みたいものがあったり、経済的消費の優先順位だったり、AVやキャバクラや二次元やVRなどがシンプルで楽しくて、恋愛が複雑高度に感じてしまったり…

自分たちの日々の行動の積み重ねで、「ときめかない病」と言われる状況に陥っているのですが、「病」ではありません。なので、そこまで気にする必要はないんです。

「英雄色を好む」に見えるイケてる男の本質

英雄はなぜ、女性にときめきまくるのか?

ここで、恋愛にときめきやすい人の例として「英雄」に注目したいと思います。「英雄色を好む」という言葉をご存知でしょうか?

英雄は、意味を才知・武勇にすぐれ、常人にできないことを成し遂げた人。「英雄色を好む」とは「英雄は何事にも精力旺盛であるから、女色を好む傾向も強い」
ということ。

先ほどの「女性にときめかなくなる10の理由」を挙げましたが、英雄はその対極に存在します。地位・名声もあり、自分に自信と余裕があり、自分のペースも相手のペースも好むことができ、恋以外にも徹底することがあっても、女性に時間を注ごうとするパワフルさも持ち合わせ、良い女性との引き合いもあります。

・男として慣れ上がっている
・男として成り上がっている

だから、すべての要素を愛することができます。だから、すべての物事に精力的になれるんです。

今、女性にときめかないのであれば、恋愛に別に取り組まなくても、日々、自分で自分を認められる存在を目指しながら、自分にとっても、友達や家族や自分が好きなコミュニティ内での英雄を目指していくことで、あなたは、人生そのものにもっと深くときめくことができ、その人生の岐路で、素敵な女性にときめくはずです。

女性に恋愛でときめかなっていて、悩んでいる方は、ぜひ、今回の記事で解説したリテラシーを参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!