「ロールキャベツ男子がモテる理由」その女にオリジナルのロールキャベツを用意しろ!

モテる方法

ロールキャベツ男子とは

ロールキャベツ男子の定義と意味

ロールキャベツは、挽肉に微塵切りした野菜などをまぜてつくった具を、湯通したキャベツの葉一枚を使って俵型に巻いたものです。

外は草食、中は肉食、陰と陽、強と弱のギャップで、好意を獲得する男性のことを指します。

ぶっちゃけ、ロールキャベツ男子はめちゃくちゃモテます。

というか、非モテやフツメンがモテる男性になる過程で成り上がるのは、ロールキャベツ男子と言うこともできます。警戒心を削ぎ落し、女性から共感を勝ち取り、ガツンと本音を引き出し、リサーチした情報から、一気に女性のツボを突いていくわけです。

なので、ロールキャベツ的な男性がモテの本質に沿っているのも理解できます。

ロールキャベツ男子はきちんとマイナスのカードを女性にきちんと見ているからモテる

ロールキャベツ男子は女性の心を開きやすい

モテるために重要なことは、女性にきちんと男性として評価してもらうこと。

めちゃくちゃ当たり前なんですが、多くの男性が女性にきちんと評価してもらえないから、自分の想像以上に、恋愛が苦労したり、見誤ったりしちゃうわけです。

じゃあ、女性にきんと評価してもらうということは、どういうことかというと、

マイナス面もきちんと理解してもらう

ということです。超モテ男術のメンバーが、イケメンに勝てるのは、イケメンは、いろんな要素の中で、自分の一番の付加価値が「見た目」だからです。つまり、会った瞬間がピークになるんですよ(笑)いや、性格もトークも優れているイケメンもいますが、細かい部分まで徹底すれば、見た目で成立している部分が多いイケメンには、長期戦でほぼほぼ勝つことができます。

マイナス面も自然に出し、それをなんともなく思わせる

例えば、女性がロールキャベツ男子のことを「頼りない」と思ったします。女性からすれば、「頼りがい」がある方がいいわけです。でも、これは今のところ、印象論ですよね。事実、女性は男性の頼りなさで害を受けた経験がありません。

そして、次に、男性が創意工夫を重ねてエスコートしたとします。

すると、女性は期待を裏切られます。頼りがいを感じてしまうわけです。自分のツボを突いてきているし、高低差でキーンとなっているため、普通の男性から同じことをされるよりも、男性的な魅力を感じます。

別の言い方をすれば、女性が勝手なイメージを描いて、勝手にギャップを感じただけとも言えますよね。

ロールキャベツ男子を目指す必要はない

単純にイメージを払しょくし、女性のツボを押さえることがロールキャベツ男子的行為になる

ロールキャベツ男子がモテるからといって、雰囲気や第一印象を草食っぽく装飾し、どこかのタイミングで肉食へ切り替えるなんて必要はありません。

そんな行動を取ると、どの女性に対しても、「なよなよしたイメージ」か「男らしいイメージ」へ切り替えるワンパターンの行動を取ってしまう男性になります。

結局大事なのは、今は、この女性にこう思われていて、この女性はこういう男性が好きだから、自分が与えるべき印象はこうだな。だから、こういう行動を取らないといけないなと、その女性の本質を捉えて行動をすること

第一印象はファッションで大きく変えることができますが、全体的な人間性というか、人間的印象というのは、短期間で大きく変えにくい部分です。人生の毎秒の積み重ねがその人の人間味におけるオーラを作ります。

そして、目の前の女性にも歴史があります。その女性が過ごしてきた環境やコミュニティがその女性の物事の捉え方を形成します。だから、あなたがどう思われるのかは、女性によって大きく変わっていきます。

だから、モテる場合は、結果的にその女性独自のロールキャベツを用意するわけで、毎回、同じ味の同じ作り方のロールキャベツを作ってもモテるわけじゃないんです。

目の前の女性が自分にどんなイメージを持っているのか理解し、女性が付き合いたいと思うことに関して、壁になっているイメージは払しょくし、感じらせるべきイメージは、演じてでも与えていくことで、好かれていくんです。

最後に:モテる男は演じることにストレスを感じない

モテる男性は、目の前の女性にフィットさせることを楽しむことすらできる

ロールキャベツ男子がなぜモテるのか、「ギャップがあるから」という表層的な理由から、さらに踏み込んだ本質的なモテの構造が理解できたかと思います。

狙ってモテる男性は、ロールキャベツ男子ではなく、カメレオン男子です。

その女性に合わせて、セルフイメージ変えて、自分自身を演じ切ることができます。しかも、「それは本当の自分じゃない」なんてストレスも感じません。自分に余裕と自信が溢れているため、自分がどうであろうと、自己否定感を喰らうことがないからです。

だから、相手に合わせることが楽しめます。だから、女性のツボをとことん突いて、即効でモテます。

結局、人生で自分と向き合って、自分を好きになり、その次に、相手に労力を注ぐことを楽しめる体質がモテを作ります。ロールキャベツ男子は、そのモテの本質を偶発的に捉えた男性で、最終形態はカメレオン男子ということです。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!