【心理学と目的論】恋愛にガチで使える目的論的考察について

恋愛心理学

7270-01

目的論を意識して女性を観察すると、格段に女性を落としやすくなる

心理学における目的論とは?

心理学における目的論はアドラー心理学の基礎となる考えで、以下の内容を把握するだけで構いません。

その行動の裏には絶対に何かしらの目的が潜んでいる

この考えは、ガチで恋愛で使えますし、アドラーを知る知らないに関わらず、実際に多くのモテ男が導入しています。もちろん、超モテ男術のメンバーも、女性のありとあらゆる行動を目的論的に考察するからこそ、女性の本音をいち早く察知することに成功し、他の男性を出し抜くことに成功しています。

原因論:「自信がないから、恋ができない」
目的論:「自己否定を受けないために、恋をしない」

目的論の対極にあるのが原因論です。「恋ができない」原因を「自信がないから」と決めるのではなく、むしろ、「恋できない」ではなく「自己否定を受けない」という目的があるからこそ、「恋をしない」という行動を取っているという手法です。

すべての行動には目的があるという視点で、女性を見極めていくと、いろんなことが分かるんです。

目的論で彼氏持ちで合コンに来る美女を紐解くと…

7270-02

なぜ、彼氏持ち美女は、<彼への好意>で<友達の誘い>を跳ねのけられなかったのだろうか?

合コンで可愛い女性がいた。しかも、自分の好みで、性格もめちゃくちゃいい。ちょっと待ってよ…そんなにいい女なら、彼氏実はいるんじゃないか…気になって、問い質すと、「実は友達に言われて、数合わせで来たんだよねー」と言ってきた。

これ、一般論から言えば、ゲーム終了ですよね。
でも、目的論からすれば、ワンチャン有りなんです。

一般論で諦める男性の中で、モテる男は逆にチャンスだと他の情報を収集し始めるんです。なぜなら、彼のことを完全無欠に好きなのであれば、数合わせだけのために、彼と会えない時間を作ってまで、合コンに参加しないと言えるからです。

・友達は押しが強いのか?
・女性が押しに弱いのか?
・合コンが自腹なのか?
・彼とはどんな流れで付き合ったのか?

こんな情報を「てかさ、●●ちゃんの友達って誘いの押しが強かったりするの?彼がいるなら、断れば良かったのにー。俺は他のしてて楽しいからぜんぜんいいけどねー」だったり、「えーいなー!でも、素敵だから彼氏いるのは分かるわ~で、彼氏とはどういう風な流れで付き合うようになったの?」だったり、ナチュラルにトークしましょう。

友達もゴリ押ししたわけでもなく、彼と出会ってから付き合う流れもスピーディーで、彼氏に対する不満だったり、女性の過去の浮気体験などが浮き彫りになったら、その女性は、「数合わせ」というきっかけを使い、自分の意志で男性を暗に求めている目的で合コンに来たことがはっきりと感じられます。逆に、彼氏持ちで数合わせと口では言っているのに、ワンナイトラブという目的だったりするわけです。一夜だけ男性に抱かれることで、彼への好意を確かめたいと思ったり、彼との触れ合いがないために即時的に男性と絡みたかったり、本人が自覚しているかどうかは別として、明確に男を求めているという目的が分かるんです。

たったこれだけの説明でも、1つの行動から1つの心理と真理を導き出すことが可能ですから、目的論的考察は、マジで、フツメンが見逃している点にいち早く気づき、一人勝ちするための有効な手段なんです。

目的論で二人きりで会えたことを紐解くと…

7270-03

女性が会いに来るという行動そのものが何かしらの充足を求めている

恋愛対象として見てくれていようが、友達としか思われてなかろうが、二人きりで会えるのであれば、

女性は何かしらのメリットをあなたに感じている。
もしくは、女性はあなたを通して何かを満たしたいと感じている。

ということができます。「会う」という行動を起こすには何かしらの理由がいるんですよ。「特に理由はないんだけどねー、暇だったし」なんて言葉も目的論的に言えば、「暇を埋め合わせるというメリットを感じて行動を喚起させた」ということが言えるわけです。

「一緒にいて楽しいから」と女性が言ってくれたのであれば、女性が所有する人間関係や趣味や仕事などの時間を含めて、あなたといる時間が相対的に楽しさでは勝っているということです。それは、あなたが楽しませる能力があるということではなく、他がつまらない、いわゆる満たされていないだけなのかもしれません。また、言葉に関しては自己開示させて本音を引き出せなければ、目的論的解釈も誤ってしまいます。

ただ、どちらにしろ、エネルギーを使って「会いに来る」という行動を取った女性には何かしらの目的があります。何かを求めているわけです。その目的は女性の心の隙や闇と言っても過言ではありません。だって、本当に満たされていてるのであれば、現状維持、行動はステイ、満たされないから、目的ができるわけです。

そう考えると、合コン、街コン、恋活アプリなど、あらゆる場面に登場する女性には心の隙や闇があるわけです。

何か深いトラウマがあって、それを解消したいと本当は想っているかもしれませんし、自分は素敵な男性に幸せにしてもらうべきなのにぜんぜん結果が出てないことに引け目を感じているかもしれませんし、やりたいことをやれていない自分に対してモヤモヤしているかもしれません。

そう考えると、他の男性よりも、その女性の本質を分かってあげることができ、女性も男性の配慮が心地良くなれば、女性からの好意はかなり勝ち取りやすくなります。目的論から女性の行動を分析していけば、女性が本音で語りたい話題を見抜いて、その話題を女性に深掘りさせ、以後も、その話題をあなたと定期的に語り合いと思います。

あとは、男性的な魅力を刷り込んでいけば、良い相手に良い配慮をしてもらえている充足感を女性は感じられるため、恋人として付き合いたいと感じます。

最後に:目的論的解釈でスピーディーに女性が求める男へ成り上がれ

7270-04

毎秒毎秒他の男性と圧倒的な差を出していけるのが目的論的解釈である

女性の行動を目的論で切り取ると、毎秒毎秒の女性の行動が手掛かりとなり得るわけです。そして、男性側には思慮が芽生えます。男性も毎秒毎秒、女性に興味を持って思慮を深めるため、配慮が自然にできるようになります。

目的論的解釈のスイッチを入れることができるようになれば、コミュニケーションにおいて他の男性との圧倒的な差を見せつけることができるようになります。

大ヒットした岸見一郎さんと古賀史健の共著「嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え」(ダイヤモンド社)では、

われわれは原因論の住人であり続けるかぎり、一歩も前にすすめません。

としています。原因を探ると言い訳を自分で作る方向にマインドが走るからです。

一方、行動に潜む目的を見ると、「●●のためにその行動をしている」という「●●」が鮮明に表れます。自分にも相手にも目的がはっきりすれば、何をすれば良いのがスッキリします。

・女性の行動を目的論で見る
・女性の行動の目的を知る
・女性の心の隙や闇も知る
・女性の行動の目的を満たす
・女性の心の隙や闇を埋める
・男性的な魅力を積んでいく

これが自然にできるようになれば、女性があなたを強く求めるようになります。「目的=何かを満たしたいという思い=心の充足の求め=隙や闇がある」とするのは、なんだか切ない気もしますが、視点としては、行動をした時点で何かしらの目的があるということです。

自分自身を振り返る点においても、目的論的解釈はセルフカウンセリング能力を高めてくれます。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!