【恋活パーティー 体験談】絶対に行ってはいけない恋活パーティーとは?

合コン・飲みの席での女性アプローチ術

出会いのアクセルとして恋活パーティーはオススメだが…

恋活は基本は売れ残りが来る場所

基本的に素敵な女性は上昇気流に乗らなければ会えません。なぜなら、素敵な女性と言うのは、素敵な友達や知人の繋がりで素敵な出会いを確保し、わざわざ恋活など出る必要がないからです。

今までモテない男性やまったく出会いがない男性からすれば、素敵な女性をたくさん来ます。なので、男性も恋愛に困っている段階では非常に有効活用できます。

ただし、一旦あなたがモテ始めると、モテていない時には見えなかった女性の心の闇などがくっきり見えるようになります。
恋活パーティーに来る女性がなぜ恋愛も結婚もできないのか、彼女たちのネジのズレが瞬時に分かるようになります。

見た目は可愛くても、中身が伴っていない感覚がどんどん研ぎ澄まされて、恋活パーティーは楽しくなくなっていきます。今回は超モテ男制作委員会の体験談から、絶対に行ってはいけない恋活パーティーを体系化して、皆さんの恋活パーティー人生が少しでも煌くようにアドバイスしていきます。

絶対に行ってはいけない恋活パーティー

恋活パーティーも内容は千差万別

一口に恋活パーティーと言っても、「めっちゃいい出会いがあった!」と言う男性もいれば、「あれは無いね!」と言う男性もいます。いずれにしても、言えるのが、多くの男性が経験値が少ない状況で、恋活パーティーを評価しているということ。

正直言います。恋活パーティーはめちゃくちゃいいです。そして、先ほども言いましたが、モテるようになれば、「めちゃくちゃ寒い女がいるなー」と感覚が一変します。どんな女性を好むのかは人それぞれですが、超モテ男術制作委員会が定義する素敵な女とは「恋人としても最高で、人生のパートナーとしても良好な関係を築いていける女性」です。

話が逸れましたが、当たり外れのある恋活パーティーの中で、絶対に行ってはいけない外れを引く可能性が多いのは…

・飲食店、居酒屋、Bar主催の恋活パーティー
・マッチングに融通が利かない恋活パーティー
・深い話ができない恋活パーティー
・一人の女性と長く絡めない恋活パーティー
・主催と他の参加者が知り合いの関係のパーティー
・恋愛成就系のノウハウがない恋活パーティー

と言えます。この点を一つずつ説明していきますので、しっかりと理解して、数ある恋活パーティーの中から、当りを見つけて、爆モテのアクセルとなる出会いの初期段階をしっかり作り上げて下さい。

行ったらダメ絶対1:飲食店、居酒屋、Bar主催の恋活パーティー

飲食店は恋活のプロではありません

当たり外れの大きさで言うと、かなり外れを引く可能性があるのが、飲食店、居酒屋、Bar主催の恋活パーティーです。なぜなら、飲食店、居酒屋、Barの人たちは、パーティーに参加してくれた時点でキャッシュが見込めるので、パーティーの中身に真剣になりにくいんです。しかも、「料理屋やお酒の質がパーティーを満足させる」という信念があるのか、自己紹介、座席交換、フリータイム、マッチングタイムなどの1つ1つのイベントも雑です。

イベント会社も事前に参加人数を押さえて、お金が入れば満足するところもありますが、基本的に彼らの信念は「いかに男女がマッチングするイベントを創り上げるか?」という視点ではじまり、そこに料理屋やお酒が付随する形になります。

逆に次に繋がる出会いではなく、単純に女性と絡みたいのであれば、飲食店、居酒屋、Barの恋活の方が、テキトーにやっちゃえるとも言えます。

行ったらダメ絶対2:マッチングに融通が利かない恋活パーティー

100%一人とマッチングするのは難しい

結局、恋活に満足感を得られない男性の多くは「マッチングができない」という理由を持っています。当たり前です。非モテなのに、一人の女性とカップリングするなんて、至難の業。だからこそ、マッチングも第三希望まで書いて、その中の誰かに選ばれたら、連絡先交換といったような緩い条件のところに参加する必要があります。

あとは、主催者に「とりあえず、希望は書きましたが、自分の番号を書いている女性が居たら、その人とカップル成立で構いません。その人を大切にします!」的な感じで言えば、主催者は融通を利かせてくれます。この融通が利かない主催者の存在する恋活パーティーはちょっと厳しいかなと思ってます。

行ったらダメ絶対3:主催と他の参加者が知り合いの関係のパーティー

自分がアウェイに立たされる

主催と他の参加者が内輪になっている恋活パーティーはかなり辛いです。しかも、1の「飲食店、居酒屋、Bar主催の恋活パーティー」では、店長やマスターがイケメンで、彼の声掛けのもとに集まった女性が参加したりすると、最悪です。結局は店長やマスターがカッコいいから店に来ていて、しかも、そういう女性は見た目で男性を選ぶ傾向にあるため、非モテフツメンはかなりの苦戦を強いられます。

行ったらダメ絶対4:深い話ができない恋活パーティー

深い話が出来ないと次に繋がらない

大学生のコンパみたいにゲームばっかりの恋活パーティーは基本ダメです。ゲームっていうのは、盛り上げるためのアイドリングの役割なのであって、女性にモテる本質ではありません。王様ゲームのように、上手く心理効果を使い女性と接触を図るようなものもありますが、男と女として真面目に恋愛しようと思ったら、やっぱり肝はトークです。

行ったらダメ絶対5:一人の女性と長く絡めない恋活パーティー

誰かと深く長く接したという印象がマッチングに繋がる

恋活パーティーのマッチングってそんなにガチガチじゃないですよね。告白して付き合うわけでもありません。ゲットできるのは、多くの場合連絡先。女性側がマッチングする際に決め手となるのが、「接触の濃さ」です。

要はどれだけ他の男性よりも、その男性と濃い時間を過ごしたかが大事になります。濃さとはまさしく「質と量」です。4で「深い話ができない恋活パーティー」をハズレとしているのも、濃さを失うからです。

初めはみんなと仲良くなって、最後は誰かにフォーカスする。このことによって、女性もあなたに時間を奪われるわけですから、お金を払って参加している以上、あなたの印象がそこまで悪くないのであれば、とりあえず、あなたの名前や番号を書いてくれる確率が上がります。

行ったらダメ絶対6:恋愛成就系のノウハウがない恋活パーティー

恋愛に思いのあるイベンターのパーティーに参加せよ

少しお節介でも恋愛に熱があるイベント会社の恋活パーティーに行くべきです。多くの男性と女性を見てきていますし、とにかく繋げるのが大好きな主催者のパーティーは盛り上がります。

恋活に対して、主催者がどれだけ熱があるのかは、電話での問い合わせやメールでの問い合わせで確認すると良いです。逆に小さな会社や個人主催者でも、素敵な恋活パーティーはたくさんあります。素敵な個人主催者に出会えれば、その方の開く恋活に行けば、もう間違いありません。

最後に:失敗も含めて次の糧にしていく

「狩り」の気持ちを1ギア上げるように

最後に恋活パーティーの心得ですが、「狩り」の気持ちを1ギア上げるようにして下さい。かなり抽象的なことを言ってますが、「俺はどんな時も今日は誰かとマッチングしてやるという野心の炎を消さないんだ」という想いをパーティーの終始で持ち続けるのです。

普段モテていると、知り合いのヘルプで行った恋活パーティーで目標も定めず、内容もハズレで、女性もタイプがおらず、マッチングできなかったことがあります。これって、狩りの魂を1ギア上げることを念頭に置き続けられるかどうかの違いだったりするんです。

最初の短時間のコミュニケーションは自己アピールをどんどんした方が良い

聞き上手はモテるなんていいますが、ぶっちゃけ恋活パーティーは形態によっては、「聞いていては一向に仲が深まらない」タイプのものにも遭遇します。初めましてで話して、アイドリングで趣味趣向を聞いた後は、「ちょっと聞いてもらえますかー(^^)/」や「俺、頑張ってるのが…(^_-)-☆」みたいな爽やかな感じで、ガンガン自分のストロングポイントを自慢した方が良いです。

年収が高ければ、「割と仕事頑張って、めっちゃ稼いでます!でも、仕事忙し過ぎて出会いないから、今日来たんですよー」みたいに言いましょう。数字や賞歴を具体的に言うと効果が高まりますが、あまり中身を知られたくないのであれば、「以上」「未満」などを付けて、曖昧さを出して下さい。

本来はじっくり聞くことも、じっくりアピールすることも大事なんですが、時間の関係上、女性が食いつきそうなポイントををがんがん話して下さい。

初期は女友達を増やす

出会いの法則からすれば、女友達をガンガン増やして、個人的に知り合いを集めて、パーティーしまくった方が良いです。その点で言えば、恋活でなく友活のイベントが向いている男性もいるはずです。行ったことないのであれば、どちらも試してみて下さい。

そして、アタリの恋活パーティーに出会って、恋愛が当りだと思えるような人生を過ごして下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!