ガールズバーの女の子と付き合うには?ガールズバーの女性を落とす方法

店員の口説き術

ガールズバーの女の子と付き合うのは簡単なのに、ほとんどの男性が落とせない理由

客として浮かれている男はまず付き合えません

ガールズバーで働く女性と付き合い。もし、あなたが良く通うガールズバーに素敵な女性がいるのであれば、他の男性もそのガールズバーの女子と付き合いたいと感じているはず。

でも、結果的にほとんどの男性がガールズバーの女の子と付き合うことができません。なぜか?その理由はすごく明白で…

・自分のペースで絡んでいるから

です。女性を落としたいなら女性のペースで女性を気持ちよくさせながら、こちらの魅力を刷り込む。これは恋愛では鉄則中の鉄則なんですが、ガールズバーは男性が女の子に接客してもらう場所。だから、多くの男性が女性よりも上から物を言います。この時点でナシです。もちろん、ガールズバーの女の子たちは、仕事なんでニコニコしてくれますし、あなたの話にもノッテくれます。でも、誘いにまではノッて来ないんです。

ガールズバーの女の子と付き合う流れ

店内で会う関係から店外で会う関係へ

ガールズバーの女性を落とすためには、どのようなプロセスを踏む必要があるでしょうか?ガールバーの女の子と付き合う流れはいたってシンプルで、

・ガールズバーで女の子に会う
・ガールズバーで女の子の価値観を聞き出す
・ガールズバーで女の子に魅力を伝える
・ガールズバーで女の子にメリットを与える
・ガールズバーで女の子を店外で誘う
・ガールズバーに行きながら店外でも会う
・ガールズバーの女の子に告白する

となります。店内では女性の価値観を聞きながら自己開示を促しましょう。その価値観によって、女性にどのような動きを取れば良いのかが明確になります。価値観が分かれば、その価値観に合った自分の魅力を伝えます。そして、あなたがお店に来ることで、女性が店員としても女性としてもメリットを受けられると感じられるようにして下さい。

そうなれば、あなたは「外で会ってどんな人なのか確かめてみたい存在」になります。外で会いながらも、お店へ行き、評価が上がったタイミングで告白すれば、見事にガールズバーの女の子は彼女になってくれます。

ガールズバーという仕事場を恋愛探しにしている女の子はたくさんいる

ガールズバーに恋愛目的の女子がいないかをチェックする

ガールバーの雰囲気にもよりますが、最初に付いてくれた女の子に「ここにいる女の子の中で、ぶっちゃけ客から恋人探してる女の子とかいないよね?」と聞いてみましょう。すると、「いるよ!ああの子とかそうだよ」と言い返してくれたら、まずは本人に「でも、●●ちゃんもいい人がいれば、付き合いたいとか思ってる?」と聞いてみましょう。

知るべき情報を質問として楽しく話題に含みながら、女性の心の中をどんどん浮き彫りにしていきます。とにかく、ガールバーには客と付き合いたいと思っている女性も多く存在することを前提に、女性と接していって下さい。

ただし、「俺、ガールバーの女の子を落としに来たんです!」みたいなことは絶対に言わないで下さい。かなり警戒されます。自分自身は「ガールバーの女の子ってどんな考えの女性が多いんだろう?」と生態を気にする質問の1つに「恋人を探している女の子がいないかどうか?」があるということです。

ガールズバーの女の子を落としやすい3つの理由

ガールズバーの女の子はキャバ嬢よりも落としやすい

ガールズバーの女の子は、キャバ嬢と比べると、以下の3点のネガティブな要素があると言えます。

・キャバ嬢よりもブランドが低い
・キャバ嬢よりも稼げるわけではない
・キャバ嬢よりも自己肯定感が得られない

キャバ嬢って響きは「ザ・お水」ですが、男に相対する女のプロ、男から見たら高嶺の花、頑張れば稼げる職業で、女としての肯定感が得られる職業です。キャバクラと比べるとガールズバーはどうしても安っぽくアマチュア感が出てしまいます。女性的には事情があってガールズバーを選んでいるのですが、それが逆に女として否定感を喰らうことになり、その弱い立場の女性を癒して包み込む救世主となれば、女の子はあなたを男性として素晴らしく思うでしょう。

キャバクラよりお手頃価格なガールズバーは、ドケチな男性もたくさん来ますし、ほとんどの男性が非モテですから、良い行動を取れば、その行動が際立ち、結果、彼氏にしたいと思われるんです。競争率はキャバクラより激しくても、競争相手のレベルが低いんでね。

ガールズバーの女の子を落とすために大事な10のポイント

ガールズバーの女の子が女としてあなたと接するように

ガールズバーの女の子をを「店員」として見なしてはいけません。あくまで、カウンターの外に座るあなたがホスト、カウンターの内にいる女の子が客ぐらいのイメージで臨んで、あなたと居る時間が、一日の中で一番の時間になるように女性をバックアップして下さい。そう考えると、ガールズバーの女の子を落とすために大事なのは、以下のポイントになります。

1、最初の一杯は気前よくご馳走する
2、男性は聞き役に徹する
3、毎回使うお金は定額にして女性に任せる
4、女の子の「こんな客は嫌だ」を話題にする
5、女の子の「こんな男は最高だ」を話題にする
6、女の子の「悩み」と「目標」を話題にする
7、連絡先はまずは渡して様子を見る
8、初期の電話やメールは「励まし」と「出勤」のみにする
9、最初の外へのお誘いは店内で対面で伝える
10、外で会える時は女の子の友人も呼ぶ

細かくやればキリがありませんが、上記のポイントが押さえられていれば、後は自然体で構いません。それでは、ガールズバーの女の子を落とすために大事な10のポイントを説明していきたいと思います。

1、最初の一杯は気前よくご馳走する

一発目にスマートさが今後も尾を引く

最初のイメージは非常に大切になります。女性の飲みたい物を選ばせて、飲ませてあげましょう。女性にお酒をケチって、それでも、その女性から好かれたいというのは、道義に反する行為です。一発目にスマートに奢れば、その印象に今後も引きずられます。

2、男性は聞き役に徹する

女性をもてなすという意識が大切

まずは、女性が来たら、女性の話をとことん聞くこと。「初めまして!髪型素敵だねー、似合ってる!」と見た目を褒めながら、「●●ちゃんって言うんだー、いろいろ話聞かせてー」と女性が楽しく話したくなるような流れに持っていきましょう。

最初の褒めと「いろいろ話聞かせてー」という興味が自然に伝われば、若干質問攻めでも、女性は楽しく答えてくれます。質問の答えに対してリアクションをきちんと取って、さらにその質問を深堀して下さい。

3、毎回使うお金は定額にして女性に任せる

定額にすれば、女性はお金にがめつかない

毎回女性に予算を伝えて、その予算内で「一緒に楽しもう」と言えば、女性はお金の目線であなたを見なくなります。「今日はあんまり使えないけど…」みたいなことを言わずに済みますし、支払いが極端に少ない時に女性に「お金が最近ないのかなー」なんて思われることもなくなります。無理のない予算で毎回同じ額を使うようしましょう。

定額で女性にメニューや飲み物の選定を任せることで、予算内で男性に楽しんでもらおうという発想になり、男性に心から尽くすようになるため、大変心地よい空間が作られます。

4、女の子の「こんな客は嫌だ」を話題にする

自分が嫌がられるゾーンに入るのを防ぐ一番の策

自分が客として良質だということが伝われば、「やっぱお客さんに嫌なことされたりとかあるの?」といったように、女性にとって嫌な客の定義を尋ねましょう。もしかすると、「1回目で連絡先を聞くお客さんは皆嫌かなー」なんて言うかもしれません。となれば、1回目でその女の子から連絡先を聞かずに店を去った方が、付き合える可能性がだいぶ高まるわけです。

5、女の子の「こんな男は最高だ」を話題にする

女性の男のツボを知り、実践することができる

ガールズバーの定員としてでなく、純粋に女の子としてどんな男性が好きなのかを質問することで、その女性の男性のツボが分かります。見た目、ヘアスタイル、接し方、価値観など、多くの点で、今後の自分の改善点が見つかります。

次に会う際に新しく取り入れることで、男性として新鮮な魅力を女性に刷り込むことができます。ファッションやヘアスタイルは女性の好みを聞くのも良いでしょう。「俺ってどんな髪型やファッションだったら●●ちゃん的にテンション上がる?」みたいな。店に来た際に「なんかよさげだったから取り入れてみたー!」と言えば、自然です。似合っていれば、女性への評価も高まります。

6、女の子の「悩み」と「目標」を話題にする

本気度の高い話題を語れば男へどんどん自己開示する

ガールズバーで働いている女性は何かの悩みを抱え、何かを目標にしている女性も多く存在します。つまり、ガールズバーにいる自分に満足していないということです。女性の悩みや目標を聞いてあげることで、女性は気持ちが落ち着くことができます。何か助けられることが実際に見つかるかもしれません。基本はアドバイスをし過ぎずに、女性の頑張りを肯定しながら、きちんと聞いてあげましょう。

7、連絡先はまずは渡して様子を見る

名刺を渡してガツガツ感をゼロにしよう

連絡先は打ち解けてから聞くのがベストです。最初に会って、その女の子が気に入った場合は、帰り際に「またお店来て●●ちゃん指名して話したいから、名刺渡しておくね!仕事がかなり忙しくて頑張り時だから、期間が空くかもだけど楽しみにしてるね!」と言って、こちらから名刺を渡すようにして下さい。

8、初期の電話やメールは「励まし」と「出勤」のみにする

徐々にプライベートなやり取りを増やす

連絡先をゲットした最初は、ガールズバーでの仕事の励ましや出勤の確認と、自分が行くことの報告のみにしましょう。お店とメッセージや電話で打ち解けたら、連絡のラリーの途中で、質問をさくっと入れるようにして、徐々にプライベートなやり取りを増やしていきましょう。

9、最初の外へのお誘いは店内で対面で伝える

店内でお金を払うのが礼儀

女性と外で会う時の誘いは、もちろん、店内の対面です。電話やメッセージで誘うと、「店来いよ!」というテンションになる可能性があります。できれば、お店の会話で共通の趣味が見つかり、「一緒に楽しみたいから、今度いい場所に連れて行くよ!」という流れになるのがベストです。

もしくは、好きな料理を予め知っていて、その料理が美味しく味わえる店を自分が見つけたという話をして、「今度ご馳走するからどう?俺も行ってみたいと思ってたし」という誘い方をするのも良いです。とにかく1回目の店外で会うお誘いは、店内で対面で伝えて下さい。

10、外で会える時は女の子の友人も呼ぶ

正確な情報を友達経由で知ることために

友人を紹介してもらえるなら、友人も呼んで、2対2で楽しむなどする機会を設けましょう。ガールズバーの女の子の友人とも仲良くなれば、その女の子のより正確な情報を友達経由で知ることができます。

最後に:ガールズバーの女の子をゲットすることは難しくない

「場所は店」、「女性は店員」という空間のフックをいかに外せるか

以上、ガールズバーの女の子と付き合うにはどうすればよいのか、ガールズバーの女性を落とす方法をご紹介してきました。ガールズバーにいる女性も普通の女性です。男性は「もてなされる客」から「もてなす男」という意識へきっちりチェンジすること。そうすれば、女性は「場所は店」、「私は店員」という空間のフックが外れ、一人の女の子として、男性と接するようになります。

そうなれば、普通の恋愛です。ぜひ、ガールズバーの女性をゲットして、より幸せな恋愛ライフを送って下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!