【ダメ絶対10選】鍋パーティー・合コンで女性へやっちゃいけないNG行動

合コン・飲みの席での女性アプローチ術

冬と言えば鍋が美味しい季節。鍋パーティーをすることも多くなります。参加者全員で同じ鍋を突き、鍋を囲む中で絶対にしてはいけないミスをすると、その場は一気に沈んで、あなたの評価はガタ落ちします。

そこで、今回は鍋パーティーで異性にやってはいけない5つのことについてご説明していきたいと思います。

1、相手の食に不潔をイメージさせる行為
食習慣の違いがあるため、なるべく相手が不潔だと感じる可能性があるものはやらないようにしましょう。例えば、食い箸。一人が「食い箸でいいよね?」と言って、みんなが「うん」と頷く流れでも、絶対に嫌と思っている人がいるかもしれません。

また、一度取り皿に取った具材が煮えてないからといって、鍋の中にリターンするのもNGです。最後に雑炊する際に、自分の皿に入ってるだしを鍋にリターンするのもNGです。

2、相手の食のペースを乱す行為
鍋は好きなタイミングで食べられる気楽な食べ物です。ずっと煮て、温かい状態を保つわけですから、食べづらいと強く感じることはないでしょう。相手の皿が空いてるからといって、どんどん皿に取り分けてあげるのは、逆に相手が自分のペースを保てなくなるので止めましょう。

鍋の場合は、料理をリラックスして食べられるため、料理に気を使うよりは、トークに気を使って、相手をより楽しませることが大事です。

3、鍋に自分のルールを押し込む行為
例えば、鍋にいろんな具材を入れてた時に「本来鍋って、その手入れ方じゃダメじゃん!」といったように、自分の鍋の知識が正しいという前提で話す人は嫌悪感を与えてしまいます。

みんなの意見を取りまとめる鍋奉行なら良いかもしれませんが、みんなの意見を押し込む鍋奉行は子供に思われてしまいます。

4、とっておきの食材をどんどん食べまくる行為
例えば、鍋にとっておきの豪華食材を入れたとしましょう。本来は周りが食べる量などを気にしながら、自分も食べないといけないのですが、みんなが話している間にどんどん食べてしまって、誰かの食べる分がなくなってしまった…

食に関して全員が貪欲なわけではないですが、最初に豪華な食材があることを明言して、それが食べれるという楽しみを予測していたため、それを裏切られた人は、食べ過ぎた人への印象を悪くするのです。

5、ネガティブなゴシップを暴露する行為
噂を話題にするのは盛り上がりますが、目の前の本人や来ている人の親友のネガティブな暴露だけは絶対に止めましょう。暴露した話題の関係者があなたの思っている以上に多く、鍋を囲んでいる人どうしが敵対関係だったということもあり得るのです。

あくまでも楽しい話題を降り注ぎ、相手のことを掘り下げ、自分の魅力をアピールしながら、楽しい会にしていきましょう。

最後に
以上、鍋パーティーで異性にやってはいけない5つのことでしたが、いかがだったでしょうか?寒い冬に心と体をほっとにする鍋の場で、みんなが寒くなるような行為をしないように心掛けて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!