LINEで女性に好意を持たせるアピール術と10のテクニック

LINE恋愛テクニック

4472-01

一生懸命LINEをしているのに、好意を持たせられないのか?

LINEの本質を知らずに、LINEに依存すると恋は終わる

LINEは直接会わなくても女性とコミュニケーションが取れる超便利な恋愛に使えるツールであることは間違いありません。しかし、それはどの男性も感じていること。

つまり、モテる女には、それだけ多くのLINEへのアプローチが飛び交うことになります。
スマホはモテる女を忙しく、恋を煩わしくしている部分があります。

ですから、LINEは諸刃の剣。やり方を間違えれば、マイナスをズドーン喰らって、恋愛は一気に後退します。今回はLINEで女性に好意を持たせるアピール術を徹底してお届けしていきますので、しっかりと熟読して頂ければと思います。

「楽をしたい、楽になりたい」の危険なマインドを捨てる

4472-02

自分よがりのマインドが間違ったテクニックを引き起こす

LINEで女性とやり取りする際に絶対に、常に、強く、頭に入れておかないといけないのが「自己承認欲求に負けない」ことです。特に恋愛に自信がない男性は「楽をしたい、楽になりたい」というマインドから、直接会うと絶対に出せない態度言えない発言を女性に与えていきます。ネット弁慶がまさにその典型です。

相手のこと考えること、相手を楽しませることを軸に会話を展開させて下さい。もちろん、自分の話をするのはぜんぜん構いません。でも、自分への好意を確認したり、プチ告白のように相手に好意を示したり、承認を求めるようトークは禁物です。向こうに好意があるのなら、1回の告白で付き合えます。

自分への好意を確認したり、相手に好意を示すようなちまちました確認は非モテ・非イケメンにはほとんど逆効果です。楽で気持ちの良い方向を求めずに、相手を思いやるマインドを徹底して下さい。

LINEで女に好かれる10の方法

4472-03

ベーシックを極めた男性がLINEで女をゲットする

LINEで女性に好意を持たせるアピール術は、すごい飛び道具があるわけではありません。むしろ、ほとんどの男性が自分よがりのぶっ飛びLINEをしているため、ベーシックに女性のために行動できる男性が際立ちます。LINEで女に好かれる方法は、以下の10個を身に付ければ、十分です。

1、都合の良い時間帯を絶対に抑える
2、リズミカルなトークを心掛ける
3、尊敬と褒めが詰まった長文をたまに送る
4、統一したキャラで多彩なギャップを見せる
5、用事と無駄のバランスを取る
6、自分だけでなく他人からの誘いを投げ掛ける
7、話題に上がったお知らせを有効活用する
8、女性の頑張っている分野の発掘情報を送る
9、スタンププレゼント
10、リアルで挨拶と小話は必ずする

特に難しい内容ではないでしょう。「上の10個の方法を徹底したら、ぜんぜんLINEが楽しくない」と思う男性もいるでしょう。でも、それは、女性のために行動することを楽しめる心の余裕がまだ身に付いてないだけです。モテる男性は、女性に尽くすのが楽しいからモテるんです。はっきり言って、女性のために動くことを楽しむことは慣れが必要です。だから、やるなら今すぐなのです。しかも、LINEで訓練できるんですから、あなたはどんどんモテることができます。

では、LINEで女に好かれる10の方法を1つずつ説明していきましょう。

1、都合の良い時間帯を絶対に抑える

4472-04

いつ送るのかで威力や反応がまったく変わる

相手が忙しい時間にLINEをするのと、相手の暇な時間にLINEをするのとでは、同じ内容でも、あなたへの評価はだいぶ変わります。忙しい時にそこまで好きになっていない男性からのLINEは「わずらしく」なります。一方、暇な時であれば、楽しく時間を埋められる「ありがたい」評価になります。

LINEでトークする時間帯を変えるだけで、好意すらも変わってしまうのです。LINEで深く会話をしていく前に、かならず、女性のライフスタイルなどを把握しておきましょう。「最近は忙しい?」から、1日、1週間、ひと月の生活がどのようなサイクルなのかを、事情聴取にならずに、相手の忙しさや頑張りを励ましながら、リサーチしていくようにしましょう。

2、リズミカルなトークを心掛ける

4472-05

リズムが心地良ければ、ずっと繋がっていたいと思われる

長文をぶち込んでくると、返信にプレッシャーを感じてしまいます。特にトークの一発目は、「短文で答えやすくどうでも良くない内容」を送れば、女性はしっかりと返信してくれます。「友達と飲んでいる写真」や「ショッピングで買った商品」の写真を送り付け、「今、○○中」などの、相手への質問でもなく、相手にリアクションの答えを考えさせてしまうトークは禁物です。

トークのすべてを本音で本質に迫る必要はありません。リズミカルに短文で気持ちよく会話をしましょう。1日にがっつりLINEをすると、スマホ閲覧の疲労感も強くなります。1日に短いLINEを週に複数行った方が、単純接触からも凄く良くなります。

3、尊敬と褒めが詰まった長文をたまに送る

4472-06

女性の自己肯定感をくすぐろう

短文でリズミカルな文章が主体とし、ごくたまに、長文を送れば、その長文がレアであることが女性も理解できます。たまに送る長文の内容は、女性への尊敬と褒め。これで、女性の自己肯定感を高めるため、あなたへの好意は自然に増します。

一番使えるのは「ふと思った系」です。「そういえば、よくよく考えてみたら…」みたいな切り出しで、女性の尊敬できる素敵なポイントを伝えて、しっかりと褒めましょう。女性の価値観をある程度理解したうえでの発言であれば、女性は嬉しいはずです。尊敬と褒めの伝達の効力は、あなたへの敬意と憧れで変わります。男性側も自分が常に頑張っていることや活躍したことを普段のトークでさらっと自慢にならない程度に伝えておくと良いでしょう。

4、統一したキャラで多彩なギャップを見せる

4472-07

キャラ設定とがギャップ演出をしっかりと

LINEのトーク内でキャラクターが変わりまくると、女性はあなたに警戒心を覚えてしまいます。基本的にノリや言葉遣いが変わる男性は、情緒不安定な印象を与え、何をしでかすか分からないと怯えてしまうのです。何をしでかすか分からない男性の誘いなど、女性が受けるわけありませんよね。

ただし、キャラは統一しても、ギャップはたくさん見せるようにしましょう。例えば、プロフィール写真をちょくちょく変えて、多彩なファッションやヘアスタイルを見せる。アイコンを定期的に変えるのは非常に有効です。女性が自分にどんな印象を抱いているのかを知っていれば、その印象を打ち破る行動や過去の実績・活動を伝えることで簡単にギャップを与えられます。

女性から「あんま運動してなさそうだよね!」と言われたら、「だよね!でも、最近はランニングしてるよー!後、俺、高校の頃は3年間テニス漬けだったよー」みたいな感じです。意外と思わせると、女性もあなたのことを新鮮に感じるようになります。

5、用事と無駄のバランスを取る

4472-08

やり取りを自然にさせることが大事

お誘い、頼み事、貸し借り、お助け役、相談役など、用事を作ろうと思えば、無限に作れます。特にお誘いは、後述する「自分だけでなく他人からの誘いを投げ掛ける」が独立的なテクニックとして非常に有効です。「用事」は女性にLINEする必然性があり、LINEを貰った女性も嫌な感じがあまりしません。スルーされたらスルーされたでぜんぜん構いません。

無駄な用事とは、SNSで拡散している画像や動画を送ったり、「今、何してる?」といった他愛もない会話を展開したりすることです。用事と無駄のバランスがきちんと取れていることで、トークは自然な雰囲気を常に作ることができ、女性との関係が好意的に馴染んでいきます。

スポンサードリンク

6、自分だけでなく他人からの誘いを投げ掛ける

4472-09

他人からの情報を注ぐくことで連絡を自然に行える

例えば、数人で集まるホームパーティーを友人が主催していて、そのお誘いを女性に投げるというもの。自分が誘ったのではなく、他人からお知らせが来てるから「良かったらどう?」みたいなテイです。花見、ビアガーデン、夏祭り、花火大会、鍋パーティー、タコパ、ハロウィン、クリスマス、忘年会、新年会など、友人からの誘いは無限大ですね。

なるべく女性の好みとフィットしたイベントのお誘いをすると反応も良くなります。女性が行きたいのであれば、付き添うことも可能になり、ますます恋愛が発展していきます。

7、話題に上がったお知らせを有効活用する

4472-10

褒めることが自然に行える貴重な機会を逃さない

女性の知人とばったり会って、女性の話題になり、その知人が女性のことをすごく褒めていた。すると、それをそのまま伝えれば、女性はすごく喜びます。さらに続けて、知人の意見に乗っかり、自分自身の意見でその女性を褒めると、自然に女性への好意をアピールできます。女性から好意と思われなくても構いません。

しかしながら、女性を肯定することで、味方としての存在の印象をより強めることができ、他の魅力を刷り込んでいくことで、好意へ繋がりやすくなります。

8、女性の頑張っている分野の発掘情報を送る

4472-11

価値観への理解度が親密度に繋がる

女性が自分で大事にしている価値観を理解し、一生懸命取り組んでいることを知っていれば、それに対する有益な情報を送ることができます。本屋に行って、女性が向上を目指している分野の新刊や良質な本を見つけたら、それを写真に取って、「こんなの見つけたよー。〇〇ちゃんにぴったりかもと思って」みたいな感じで送りましょう。

あくまでも、その女性の頑張りを理解し、認めて、何かしら力になりたいと思ってもらえることが好意に繋がります。アドバイスの内容はそこまで強い影響を持ちませんし、お節介へ発展してしまいウザがられる可能性すらあります。アドバイザー的な要素が強くならないように気を付けて下さい。

9、スタンププレゼント

4472-12

楽に会話の起点を作れる超有効テクニック

女性がよく使うLINEスタンプを知っていれば、女性の好みがある程度分かるはずです。LINEスタンプはクリエイターズスタンプが無数と言えるほどあるため、女性が見つけきれない面白いスタンプが溢れています。わざわざお金を出して買ってくれたという事実が、普通にお得感を与え、女性を喜ばせます。「なんか〇〇ちゃんが好きそうなスタンプたまたま見つけたから、プレゼントしとく!」みたいな感じで、会話に突破口を開くことができます。

スタンププレゼントの後にいきなりデートに誘うと下心全開ですが、「そういえば、最近元気?お茶でもしよー」みたいな誘いを入れるのは悪くありません。

10、SNSの近況報告で実際に会ったような感覚を与える

4472-13

SNSも1つのリアルと認識しよう

意外と大事なのがタイムラインの投稿。LINEのタイムラインは見ていない人が多いですが、もし、女性がfacebookをやっていれば、大チャンス。フェイスブックで友達になっておき、定期的に投稿すれば、あなたの近況を女性が閲覧する可能性があります。自分の投稿を閲覧することによって、リアルの接触にも似た疑似接触を与えることができます。Instagramで繋がっておき、さくっとオシャレにさりげなく自己アピール感も削ぎ落した投稿をするのもオススメです。

女性の投稿にコメントをすることで会話の機会を作ることができます。女性にきちんと投稿を見ていることも伝わります。コメントは当たり障りのないもので構いません。男性によっては、投稿内容と関係ないコメントを書く恐ろしい人がいますが、絶対にNGです。投稿内容に触れたコメントで関係を深めていきましょう。

最後に:最低限リアルで挨拶と小話は必ずしよう

対面もLINEもあなたのリアル

以上、LINEで女性に好意を持たせるアピール術と10のテクニックでしたが、結構面倒に感じた男性もいるかもしれません。ただし、現在、デキていないことが多いということは、それだけモテる可能性に溢れているということです。100%実践しなくてもモテます。大事なのは女性とLINEをするうえでの根本的な考え方です。その考え方だけでも理解してもらえれば、幸いです。

そして、恋愛はLINEに留まりません。LINEに力を入れるのであれば、リアルでも、定期的に喋るようにしましょう。なかなか会えないなら別ですが、普段から同じコミュニティにいるのであれば、日々、挨拶と小話は必ずしましょう。それは、自分のためでもありますが、女性のためでもあります。しない方が失礼ですし、不自然です。なので、勇気を振り絞るとかでなく、することが自体が自然で女性への配慮になります。

今回の記事では、LINEトークはテックニック以前に「楽で気持ちの良い方向を求めずに、相手を思いやるマインド」が大事と述べましたが、対面でのやり取りでも同じです。対面もLINEもあなたのリアルですから、対面とLINEの両方をきちんと統一させ、女性から好意をがっつりと得られるように頑張って下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!