ジョン・アラン・リー「6つの恋愛体質」と恋愛心理学

恋愛心理学

カナダの心理学者ジョン・アラン・リーのラブスタイル類型論

6つの恋愛体質タイプ

20150718-01

恋愛体質という言葉ありますね。一般的には「恋愛をしてしまいやすい傾向性」を恋愛体質と言います。恋愛そのものの受け入れ方は人によって様々です。恋愛体質とは、本来は「その個人が恋愛をする際の性質」と解釈すべきです。その女性の恋愛体質を掴むことができれば、その女性からスムーズに好かれることができるようになります。

今回は、カナダの心理学者ジョン・アラン・リーの愛の6分類をご紹介します。「ラブスタイル類型論」とも呼ばれるこの恋愛のタイプ分けは、複雑高度化した現代で恋愛をしっかりこなすうえで、非常に的を得た分類になっています。あなたの愛はどれに当てはまるでしょうか?

<ラブスタイル類型論>
1、ルダス:遊びの愛
2、ストルゲ:友愛的な愛
3、エロス:美への愛
4、プラグマ:実利的な愛
5、アガペー:献身的な愛
6、マニア:熱狂的な愛

カナダの倫理学者・社会学者・心理学者リーは恋愛を6つの色彩(種類)があると考え、上記のエロス、ストルゲ、ルダスを基本スタイル、それらの混合形としてマニア、アガペー、プラグマを配置しています。「ラブスタイル類型論」は「恋愛の色彩理論」とも呼ばれ、広く知られています。

相性が悪い3つの組み合わせ

正反対に位置するタイプとは相性が悪い

実際に付き合ってみたら、付き合う前よりもまったく面白くなく、苦労ばかりの日々だった。こういう場合は、男女両者の恋愛のタイプ(傾向)がぶつかってます。ラブスタイル類型論では、以下の3つの組み合わせの相性が悪いと言われています。

<相性が悪い組み合わせ>
・エロスとプラグマ
・ストルゲとマニア
・ルダスとアガペー

正反対に位置するタイプとは相性が悪い。近い位置にあるラブスタイル同士は相性がよく、正反対の位置にあるラブスタイル同士は相性が悪いとされています。ある女性を狙っている場合は、その相手の恋愛体質に合わせれば、もちろん、あなたを好きになってもらますが、本質的に自分のタイプと合っていない場合は、長期的な交際がしんどくなるかもしれません。

パートナーシップを築く中で、女性の恋愛体質を変える方向に持っていくことも可能です。女性の恋愛における認知をガラッと変えてしまえばいいんです。それができなければ、あなたがタイプだと思っていても、女性がプラグマ(実利的な愛)の傾向が強ければ、あなたは選択肢にすら入っていないケースもあります。

その場合は、最初の状態から身を引くという覚悟も大事です。無駄に執着しない、ラブスタイルが合わない人は友達や相談者や恋愛を助けてくれるキーパーソンに育てるということも良いでしょう。恋愛体質という切り口で女性を見ていくと、美人で自分が落としやすい女性も見抜けるようになります。

恋愛類型論は完璧な理論ではありません。誰もが100%それぞれのタイプに分けられるわけではなく、どの傾向が強いかという話になります。ラブスタイルでは、愛にはさまざまな形があり、そしして、お互いに理解しにくい愛のカタチがあるということを示しているのです。

以下、6つの恋愛体質を説明していきましょう。

スポンサードリンク

1、ルダス(遊びの愛)

浮気性でスポーティーなポリアモリータイプ

20150718-02

一人に縛られることなく、恋愛をゲームのように楽しみたいと思うタイプ。恋愛の傾向としては、複数の異性と同時に恋愛ができ、好みのタイプは一定しません。惚れやすいとか、好きになった人がタイプという発言をする人は、ルダス的傾向があり、プライバシーを侵害されることを嫌います。過去にワンナイトラブをしたことがあったり、浮気をした経験があったり、そういった恋愛話を聞きだして、どの程度の男性とならそうなるかが分れば、目の前の自分も即座にその女性とルダスできると言えます。

2、ストルゲ(友愛的な愛)

非モテが一番好意を獲得しやすいタイプ

お互いを高めながら、二人で完成された1つの世界を作っていくタイプ。恋愛傾向は、愛は長い時間を掛けて生まれるモノだと思っています。長い時間離れていても比較的安定した関係を続けられます。

過去の恋愛で交際期間が長く、付き合っている人数が少ない場合は、ストルゲ的傾向があるはずです。パートナーシップを大事にするため、深く掘り下げていくことに愛を感じます。軽いノリで付き合うことをしないため、この手の女性は諦めずに向き合っていくことが大切です。友愛的なので、友達と最初に思われれば、食事やお茶をできる関係になり、それがずっと続きます。単純接触の機会をずっと得られるため、非モテでも徐々に性的魅力を積み上げれば、好意を獲得しやすいタイプです。

3、エロス(美への愛)

外見至上主義の非現実的ロマン派タイプ

ビジュアルを重視し、相手の挙動から内面の美しさに惹かれるタイプ。ロマンチックな行動をとりやすく、関係の初期段階から相手と親密になることを望みます。妄想が好きな女性はエロスの傾向が強いでしょう。後は、自尊心が満たされておらずに、経験が浅いと、現実を見らず想像しまくる体質が出来上がるので、エロスの傾向を強くなります。美的なこだわりが強く、理想にそぐわない人を受け付けないなどのタイプはエロスです。ある意味、精神的に深く繋がることの美しさを知らないのかもしれません。

4、プラグマ(実利的な愛)

表面的スペックで愛を発火できる割り切りタイプ

地位や家柄、学歴、収入など、愛を通して付随的な要素を手に入れたいタイプ。恋愛の傾向としては、付き合う相手を選ぶ基準を持っていて、恋愛のロマンスや感情は持ち込まず、外見的な魅力にも興味をあまり持たないという傾向があります。

女性に好きな男性の基準を聞いて、スムーズに答えられる女性はプラグマの傾向が強い女性です。実利的な愛が強い女性は、内面的な男性のヤバさを見抜くことができずに、後々後悔することも多いようです。また、女性によっては何が「実利」なのかも違います。ラブスタイルでいう実利とは、内面的なメリットではなく、表面的なスペックだけで、男性への愛を築こうとする女性を指します。怖いっちゃ怖いですよね。別れる時も実利的に別れるということです。

5、アガペー(献身的な愛)

自己犠牲が自己目的化するトラウマタイプ

自分を犠牲にしてまでも、相手のことを愛そうとするタイプ。おそらく、このアガペーが一番正しい愛と思われがちではないでしょうか。恋愛の傾向としては、相手に優しく接し、その見返りを求めようとせず、恋人のためならば、身を引くことすらできる場合もあります。ダメ男と長期間付き合う女性、ヒモに喜んでがんがんお金を渡す女性などは、アガペーの傾向が強い女性です。

ただし、献身性が強すぎ人は、過去のトラウマや強い自己否定感によって、自分が対等だったり、要望を出すことに大きな罪悪感や気持ち悪さを感じ、尽くすことの方が楽だから尽くしているという側面もあります。過去の愛着障害から、従属関係に慣れて切ってしまい、対等な関係が取れずに、逃避的な行動としてアガペーになっているタイプもたくさん存在します。

6、マニア(熱狂的な愛)

自分独自の時には危ない嗜癖を持つ執着依存タイプ

激情的な独占欲を持ち、相手に執着したり、嫉妬したりしやすいタイプ。恋愛傾向としては、自分に自信がなく、関係を安定させにくいようです。相手の短所を無視し、長所ばかりに注目しやすく、さまざまな勘違いを引き起こしやすくなります。

束縛女と呼ばれる女性はマニアの傾向が強い女性でしょう。男にとってはマニアが強い女性はトラブルメイカーでしかありません。

最後に:自分の愛し方と相手の愛し方は違うことに目を向けましょう

いろんな女性の恋愛体質を掘り下げると、それだけで見えてくるものがたくさんあります

今回は6つの恋愛体質と恋愛心理学について述べてきました。自分の恋愛体質の傾向で、相手を見ると、見間違う可能性があります。取りこぼすこともありますし、思わぬところで拒否されることもあるでしょう。

相手のフィルターを追究するということこそが、どんな女性にもモテるコツです。その女性の恋愛体質というのは、その女性が恋愛で陥るパターンです。そのパターンに沿って動けば、女性は思いのほか簡単に落ちていきます。女性が自分の恋愛傾向を心地よく語りたくなるような存在になっていきましょう。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!