最後は足しにならない。盛り上がりに欠けたデートだったとしても、彼女が「また会ってもいいかな」と思う別れ際の一言9パターン

スゴレン批判

最後の最後で一発大逆転はない

そこそこの評価の場合は、締めの一言が効いてくる

今回はスゴレンの「盛り上がりに欠けたデートだったとしても、彼女が「また会ってもいいかな」と思う別れ際の一言9パターン」です。

最初にはっきり言っておきますが、最後の最後で一発大逆転はありません。
つまり、デートやあなたの評価が悪いということでほぼほぼ結論付いているのであれば、最後にあなたが何を言ったからって、変わりません。

では、スゴレンの9パターンですが…

【1】正直な気持ちをストレートに表す「緊張していたけど楽しかった」
【2】女性の好みを一生懸命考えて「次は、君が行きたがっていた○○に行かない?」
【3】別れがたい様子を見せながら「もう少しだけ、話したいな」
【4】楽しんでいたというのがわかる「あっという間だったね」
【5】しゃべらなくても満足していることが伝わる「一緒に居ると落ち着く」
【6】「会いたい」という気持ちを匂わせて「また誘ってもいい?」
【7】お互いのことをゆっくり理解していけそうな「今度はもっといろんな話がしたい」
【8】次はもっと楽しませてくれそうな気がする「もう一回チャレンジさせて」
【9】たとえ盛り上がらなくてもシンプルに好印象が残る「今日はありがとう」

になります。

まぁ、そこそこ楽しかったなーって感じの女性には効くものもあります。
要は、あなたがそこそこという状態の評価の場合は、最後のひと押しになります。

そして、最後の一言でピリッと締まるんです。

で、重要な視点に気づきませんか?

そこそこ楽しいってデートは、女性にとって既に好印象ということなんですね。

そこをもっと掘り下げると…

スポンサードリンク

デートが盛り上がらないことは、悪くない

盛り上がりに欠けるということは、そこまで重大な過ちじゃないんです。

女性の警戒心を増幅させた訳でもないですからね。

盛り上がりに欠けたことがその女性にとって悪だったかどうか?

女性によっては、おもしろさを求めている人もいますので、でも、盛り上がりに欠けたってことが案外重症ではないこと、これだけは肝に銘じて下さい。

そうすれば、あなたも女性を自分から取り零すことが減ってくるでしょう。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!