両想いにたどり着くまでに抱える5つの障壁

モテる方法

自分と相手の状況を見つめること

障壁を乗り越えて、いざ両想いへ

恋愛において両想いにたどり着くまでには、5つの障壁があると言われています。
俺は、この5つが必ずしも正しいとは思いませんが、今回は取り上げていきます。
あなたが、女性を好きになった時に向かえる壁とは…

・お互いが本音を隠している
・どちらかが本音を隠している
・タイミングが合わない
・精神的に準備ができていない
・波長が合わない

の5つです。

まず、あなたが両想いを目指す時に、考えなければならないのは、「本音」です。
相手があなたに本音を語らなければ、好意は出てきません。

そして、あなた自身も、好きになった相手に、本音を語る気持ちがなければ、それは本当に好きではないということになります。

見た目やスタイルやあなたの一時的な寂しさだけで、その女性を欲していると思い込んでいる状態かもしれません。

スポンサードリンク

また、タイミングも重要になります。
特に職に就いている人の場合は、「恋人」である前に「社会人」であります。

また、職場恋愛やサークルなどのコミュニティ内恋愛の場合は、二人の関係性の他にも考慮すべきことがあります。
その場合は、二人が両想いであっても、その他の損益を考慮し、付き合えない、両想いに深く入り込めないという状況が起きてしまいます。

面白いのは「精神的に準備ができていない」というのも、両思いを阻む障壁になります。
実質的には、両想いのようなモノなのですが、急速に好きになり過ぎたため、昔の自分の感覚や生活リズムを抜け出すことに抵抗を持ってしまうパターンです。

物理的な慣性の法則と同じで、人間の恋愛にも慣性が生じてしまうのです。

5つ目の「波長が合わない」というのは、オーラや印象というのが、少し事足りない状態です。
好意に近いモノを獲得しつつある状態にあるのですが、「性」的な対象として、不足を感じている状態です。

いろんな障壁はあるが、女性の求めているモノを知り、あなたの出来るメリットを積み上げるだけ

つまり、あなたのすることは、女性が好きになるポイントを聞き出し、理解し、女性にフォーカスしたあなたの出来る限りの魅力を、メールや電話やデートでアウトプットしていくだけなんです。

性的な存在に見てもらうコツとしては、水平関係を保つということです。
相手の様子を伺って下から出てばかりいると、あなたは「性」的な存在に見られなくなります。

デートにしても、メリハリを付けて主張するところは主張して、指摘するところは指摘しながらも、相手の好きなところを突き続けるように心掛けてみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!