20代女性の“恋人とのコミュニケーション手段”、「LINE」が「電話」を上回る!

恋愛とSNS

20代女性の“恋人とのコミュニケーション手段”、「LINE」が「電話」を上回る!

SNSを使うのさ!愛なんだ!

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、SNS(ソーシャルネットワークサービス)
ユーザーの20~30代未婚女性300名を対象に、「SNSと恋愛」をテーマにした意識調査を実施しました。

調査回答者のうち、「現在恋人がいる女性」150名を対象に、恋人とのコミュニケーション手段として、SNSがどれくらい活用されているかを調べました。
まず、「現在の恋人との対面以外でのコミュニケーションにおいて、最も活用しているものは何ですか?」と聞いたところ…

・「携帯電話のメール機能」(47%)
・「携帯電話の電話機能」(23%)
・「LINE」(21%)
・「Facebook」(3%)
・「mixi」(3%)

という結果になりました。最も多かったのは「メール機能」でしたが、何らかの「SNS」を回答した人の合計は27%と4人に1人にのぼっており、SNSを恋人との連絡手段としている人も多いようです。

特に20代の女性においては、「最も活用しているコミュニケーション手段」として「LINE」を回答した人が26%にのぼり、「携帯電話の電話機能」と回答した22%を上回りました。[図表3]

「元カレとソーシャル上でつながっている」・・・恋人のいる女性の3人に1人

また、昔の恋人とのSNS上でのつながりについての調査も。

「現在利用しているSNS上で、昔の恋人とつながっていますか?(Twitterをフォローしている、Facebook上で友達登録をしているなど)」という質問をしたところ、「つながっている」と答えた人は、恋人がいる女性のうち、35%と3人に1人。[図表4] そのうち、「SNS上で昔の恋人とやり取りをすることがある」という女性は17%にとどまったものの、いつでも昔の恋人と連絡をとれる状況にある、という女性は少なくないと言えます。

自然体に繋がれる「共通項」が多い時代

恋愛においてまず確保しなければいけないのが「接触」ですね。

以前はケータイによる電話やメールが主流でしたが、高機能なメディアが多様化しているため、女性自身も、多くのメディアに属しています。

だからこそ、メディアの共通項を探し、繋がりやすい時代になってきました。

しかも、携帯のアドレスよりも聞きやすいですよね。スカイプだったり、ファイスブックだったり、LINだったりは「やってる?」っていう切り口から広げること出来ますし、「申請」が承認されれば、繋がることが出来ます。

ぶっちゃけ、俺はほとんど携帯電話使ってません。まだ、ガラケーですし(笑)
特にフェイスブックにはお世話になっていて、美人なことを、ことごとくゲット出来ています。

ぜひ、SNSに力を入れていない男性陣は、この機会にSNSの使い方を探求してみて下さい。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!