女のプライド:女性を好きにさせる時に越えるべき壁

モテる方法

女のプライドとは:どんな女性にもプライドがある

プライドとは一般的な場面でのお披露目に対する納得度である

よく恋愛でプライドという言葉が登場すると思います。「そのアプローチやと、女性のプライド傷つけるから上手くいかんよ」みたいな感じで言われたこともあると思います。

魅力を刷り込もうとしても、女性のプライドが門前払いを喰らわせる機会は多い

まず、男性にはこれを知ってもらいたいです。女のプライドとは女が女として固執する要素です。なぜ、固執するかというと余裕がないからです。

プライドとは、譲れない部分で譲れないということは、譲る余裕がないということ

そして、この点を男性は非常に勘違いしていると感じています。

女性のプライドが原因で付き合えないことは多い

女はセルフコントロールできないプライドを持っている

あなたが割と女性と上手く関係を構築できたのに、なかなか付き合えずにセックスに踏み込めないといったケースでは、女性のプライドが大きな影響をきたしている可能性があります。

プライドは一般的な尺度に左右されます。恋愛とはこうあるべきだ、女性とはこうあるべきだ、モテる女性はこういう男性と付き合っているはずだ、そういった他の一般的な尺度に自分が囚われている状態こそが、「女のプライドが強い」という現状を生みます。

女性に好かれるにはプライドを乗り越える必要がある

女のプライドをいかに度外視できるかがポイント

よく「プライドが邪魔をする」と言いますよね。プライドは恋愛ではかなりの邪魔ものです。例えば、超モテ男術のメンバーが、非モテにスペシャル的確なアドバイスをして、それを順序良く実践すれば、絶対に好きな女性と付き合えるケースでも、その男性はプライドが邪魔をして、その行動が取ることができない、こんなことは幾多と経験してきました(笑)

「絶対にそれが良いということが理解できていも、女のプライドが邪魔をして、それを受けいるに至らない」

恋愛をいろんな男性、そして、女性にも教えていますが、何が難しいかというと、まず、自分が自分のプライドで邪魔をすることが1つにあります。そして、プライドを邪魔された男女が、プライドを邪魔された異性と恋愛をしようとすると、いろんな<ねじれ>が生じるんです。こうした恋愛のねじれって、かなり理解に苦しむもので、恋愛の本質を分かっていない男女からすれば、恋愛に嫌気が差しちゃう要素でしかなくなります。

女のプライドとは先入観

先入観取り払うだけで一気に好かれることは非常に多い

プライドは「譲れれない部分で、譲る余裕がない意地」です。意地になっているのは、意地になっている部分以外の要素に魅力がないと思い込んでいるからです。

「私はイケメンと付き合うべき女だ」と思っている女は、「私はイケメンのような素敵な要素を持った男性と付き合うべき女」だと思っている女

だから、魅力を提示し、女性に素直になってもえれば、プライドは壊して、一気に好意を抱かせることができます。非イケメンにとって「イケメンじゃないと本当にダメと思い込んでいる女性」ってかなりその先入観を外すのに苦労するかと思います。

「●●ちゃん素敵やけど、心理学的に言ったら、イケメンが極端に好む女性って、本当の意味で良い男性に会ったことがない何よりの証拠やから、その発言はやめた方がいいかもね」

ぐらい言ってやっていいですよ。まぁ、プライドが強い女性はそれでも言い返してくるでしょう。でも、付き合った年数だったり、外見にこだわるということは、内面のやり取りで良い経験ができずにそっちを選んでしまっているとか、いろいろ言うことができます。

「まぁ、でも、俺も完璧じゃないし、可愛いかったら嬉しいし、女性もそうよね。でも、こうやっていろいろ価値観ぶつけられる相手ってどう?」

みたいなところから、男性の性格的なタイプを聞き出して、「それだと俺の場合は、こうするけど、それは●●ちゃん的にはどう?」と評価を尋ねる感じで聞けば、それが高評価だった場合、自然と性的好感が刷り込まれます。この会話のサクッとした流れの連続性がバチバチやっていたり、まったくタイプと思われないところから、女のプライドを壊し、認められていくコツです。

最後に:好評な第三者評価について、女性に尋ねてプライドを壊す

自己主張ではなく周りの主張と強く思わせることが大事

最後に女性に対してよく使うプライドの壊し方でかなり使い勝手がいいトークテクニックをお伝えします。

「俺、いろんな女性に○○がいいって言われるんやけど、●●ちゃん的にはそういう男性はぶっちゃけどう?」

これ内面的な特徴でも肉体的な特徴でも趣味でもなんでもいいです。例えば、「ストイック」「指がキレイ」「料理がウマい」なんてのでいいんです。

「そういう男性どう?」というのは、「そういう男性」をイメージして、女性が答えを言います。その際に自分をイメージするというよりは、「そういう特徴を持ったイメージできる(過去に会ったことのある)男性」をイメージします。結果、その良い評価が自分も良いと思ったら、「そういう男性はいい」と再認するんですが、「あっ、目の前の男性もいい要素に入る男性か」とほんのり理解することこそ、好意の積み上げなんです。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみてください。

そして、もうモテを最速で駆け上がって、これから先、モテる人生だけを堪能したいって方へ。本サイト超モテ男術が制作した恋愛教材でぜひ、一発解決して下さい。詳細はこちらから

とうとう本サイトから恋愛教材が登場!

*
判型:A4
単行本:80ページ(5万文字)
形態:デジタル教材
著者:超モテ男制作委員会
¥9800

さらにお手頃価格な恋愛雑誌が完成!

*
判型:A4
単行本:118ページ
形態:デジタルブック
著者:超モテ男制作委員会
¥800

Thanks for your reading!